課題の打撃克服 虎・横田“OP戦首位打者”で開幕スタメンへ

公開日: 更新日:

 もう使わないわけにはいかないだろう。

 阪神の横田慎太郎(20)が18日の中日戦で3安打を放ち、オープン戦の打率を4割3分2厘まで上げて、12球団のトップに立った。

 186センチ・92キロの大柄外野手は、50メートルを6秒1で走る俊足と強肩が武器だ。「パワーはあるがミートが下手」(OB)な打撃が課題だったが、ここにきて急成長している。

 阪神の外野は、右翼の福留以外は未定だった。残り2枠は、中堅に横田、左翼はやはりオープン戦で3割を打っている新人の高山(明大)で決まりだろう。

 JRAで16年ぶりに誕生した女性騎手の藤田菜七子(18)は人気が先行しているが、阪神の若手2人は、オープン戦で文句のない数字を残して開幕スタメンに入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る