横田にはダメ出し…指揮官の熱血指導に虎ナインの迷走心配

公開日: 更新日:

 連日の熱血指導である。

 阪神金本知憲監督(47)が、初日の江越大賀(22)に続き、この日はプロ3年目の横田慎太郎(20)を直接指導した。フリー打撃だけでなく、全体練習後の個別練習でも、身ぶり手ぶりを交えながら約1時間。「弓を引く感じがまったくできていない」とダメ出しされた横田は、一心不乱にバットを振った。

「言われたからには、真剣に取り組んでいかないと打てない」(横田)

 横田は昨季二軍で103試合に出場し、打率.213、9本塁打、36打点。金本監督は5、6年かけて3割40本塁打の選手にする育成プランを描いている。それだけに指導にも熱が入るのだが、新監督からいきなりマンツーマンでああでもない、こうでもないといわれた横田はかえって悩みが深くなったかもしれない。

 それでも指揮官はこう言い放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る