キム・ハヌルで今季3人目 外国人V独占で女子ツアーに危機

公開日:  更新日:

【アクサレディス】

 3戦連続で最終日、首位スタートのキム・ハヌル(27)が、通算9アンダーで完全優勝を決めた。

 これで開幕から4戦で、外国人プロ3勝(日本人1勝)。ここ10年間で外国人プロVが最も多い。毎週のように外国人プロの優勝争いが繰り広げられ、日本人プロはカヤの外といったあんばいである。外国人プロが勝って、誰が喜ぶのか。

 昨シーズンは9月後半から最終戦までの9試合で勝った日本人プロは渡邉彩香(22)ただ一人。外国人プロの強さが際立っており、それは今年に入ってからも変わっていない。国内女子ツアーは今季過去最高の試合数(38試合)と賞金総額(35億3000万円)と浮かれているが、昨年の平均視聴率は前年比0.3ポイントダウンで、10%超えを記録したのは日本女子オープンだけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る