経済効果は40億円 アクサレディス“地産地消”運営の秘訣とは

公開日:  更新日:

 地元にとっては一大イベントである。

 女子ツアー「アクサレディス」が、25日から宮崎県のUMKカントリークラブで開催される。リオ五輪に出場するため、優勝して世界ランクを上げたい大山志保(38)、プロ3年目ながらここ2試合2位と初優勝を狙う柏原明日架(20)ら、地元出身選手の活躍に期待が集まる。

 今大会は「地産地消」を開催の目的に掲げ、2013年から始まり、今年で4回目ながら過去3年間で総額120億円、今年も40億円以上の経済効果を見込んでいるという。

「内訳は宿泊関係で7000万円、交通費、飲食費で5500万~6000万円。ギャラリースタンドやテントなどの設営費で2億~2億4000万円、テレビ放映による地元宮崎のPR効果を広告費に換算すると25億円、紙媒体やウェブ媒体が12億円程度と試算しています」(大会事務局)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る