• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

減りゆく国内女子海外挑戦 背景にツアー人気上昇のジレンマ

 シーズンに突入し、すでに3試合を消化した日本女子ツアーは4年連続で試合数が増加するなど人気が高まり、今季は11月末まで38試合が開催される。オープンウイークは6月末から7月にかけての1週のみで、賞金総額は史上最高の35億3000万円に膨れ上がった。

 今年は112年ぶりに五輪でゴルフ競技が復活し、日本人選手は誰が出場するのかに注目が集まる。一昔前の女子プロに比べてビジュアルも格段と良くなって、ツアー会場も華やかだ。

 ところが、世界に目を向けると国内女子プロの海外挑戦が減っている。

 米女子ツアーの今季メジャー初戦「ANAインスピレーション」(31日開幕)には、米ツアーを主戦場にする宮里美香、宮里藍、野村敏京、上原彩子が出場予定。そして国内ツアーからは大山志保1人だけ。日本企業が大会スポンサーだというのに、寂しい限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る