減りゆく国内女子海外挑戦 背景にツアー人気上昇のジレンマ

公開日: 更新日:

 シーズンに突入し、すでに3試合を消化した日本女子ツアーは4年連続で試合数が増加するなど人気が高まり、今季は11月末まで38試合が開催される。オープンウイークは6月末から7月にかけての1週のみで、賞金総額は史上最高の35億3000万円に膨れ上がった。

 今年は112年ぶりに五輪でゴルフ競技が復活し、日本人選手は誰が出場するのかに注目が集まる。一昔前の女子プロに比べてビジュアルも格段と良くなって、ツアー会場も華やかだ。

 ところが、世界に目を向けると国内女子プロの海外挑戦が減っている。

 米女子ツアーの今季メジャー初戦「ANAインスピレーション」(31日開幕)には、米ツアーを主戦場にする宮里美香、宮里藍、野村敏京、上原彩子が出場予定。そして国内ツアーからは大山志保1人だけ。日本企業が大会スポンサーだというのに、寂しい限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る