ひさびさ好成績で逆転も 宮里藍「リオ代表候補」に急浮上

公開日: 更新日:

 大逆転はあるか――。

 宮里藍(30)が先週の起亜クラシックで3位に入り、13年3月RRドネリーファウンダーズの2位以来、約3年ぶりのトップ5フィニッシュとなった。世界ランクは157位から一気に67位上がって90位、日本人選手29番手から10番手に急浮上した。

 リオ五輪の日本人女子代表選手(2枠)は、7月11日時点の世界ランクで決定する。現在、日本人トップは38位の宮里美香(26)で、42位の野村敏京(23)が続いている。今後の成績次第では、藍にも五輪出場の可能性が出てきた。

 例えば、今週出場する海外メジャー「ANAインスピレーション」は、優勝ポイントが100。24ポイントの日本女子オープンと比較すると、約4倍だ。先週3位で加算されたポイントは26・53と、日本ツアーと比べてかなり高い。海外メジャーで上位に入れば、日本人トップに躍り出ることもあり得るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る