2試合連続“逆方向弾” 日ハム大谷に体重増効果はっきり

公開日: 更新日:

 打った瞬間、それとわかるホームランだった。

 30日、日本ハム大谷翔平(21)が2試合連続の2号2ラン。左翼席に運んだ前夜29日の1号に続き、この日もオリックス・東明の141キロを反対方向のバックスクリーン左へ放り込んだ。

 評論家の橋本清氏がこう言った。

「3月20日のヤクルトとのオープン戦で打った一発も左翼席だった。もともとミートポイントが体に近いタイプですが、今年は昨年よりさらにボールを引き付けて打っている。スイングスピードの速さ、鋭さが増したからこそできる芸当です。大谷はオフに体重を11キロ増量し、筋肉量だけで5キロもアップした。その成果でしょう。ポイントが近ければ当然、ボールの見極めがより良くできるようになるし、コースに応じて広角に打てる。逆方向に飛ばせるということは、左手の押し込みも強くなっているということです。ウエートアップが打者・大谷にとってプラスに出ているのは間違いありません。唯一、苦手とするフォークなどの落ちる変化球への対応力も上がるでしょうから、相手投手にとってはいよいよ厄介な打者になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る