2試合連続“逆方向弾” 日ハム大谷に体重増効果はっきり

公開日:  更新日:

 打った瞬間、それとわかるホームランだった。

 30日、日本ハムの大谷翔平(21)が2試合連続の2号2ラン。左翼席に運んだ前夜29日の1号に続き、この日もオリックス・東明の141キロを反対方向のバックスクリーン左へ放り込んだ。

 評論家の橋本清氏がこう言った。

「3月20日のヤクルトとのオープン戦で打った一発も左翼席だった。もともとミートポイントが体に近いタイプですが、今年は昨年よりさらにボールを引き付けて打っている。スイングスピードの速さ、鋭さが増したからこそできる芸当です。大谷はオフに体重を11キロ増量し、筋肉量だけで5キロもアップした。その成果でしょう。ポイントが近ければ当然、ボールの見極めがより良くできるようになるし、コースに応じて広角に打てる。逆方向に飛ばせるということは、左手の押し込みも強くなっているということです。ウエートアップが打者・大谷にとってプラスに出ているのは間違いありません。唯一、苦手とするフォークなどの落ちる変化球への対応力も上がるでしょうから、相手投手にとってはいよいよ厄介な打者になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る