日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉体改造も打率伸びず…日ハム大谷になぜヒットが出ない?

 これでは「二刀流」と呼べるかどうか。

 9日のオープン戦(DeNA戦)に登板予定の日本ハム大谷(21)。実戦でも結果を残し、後は開幕に向けて調整をするだけとあって、投げる方は心配ないだろう。

 問題は「打者大谷」だ。アリゾナキャンプでの実戦は12打数6安打と快調だったが、オープン戦に入ると10打数2安打、打率.200。対外試合でプロ入り初の4番に座った6日には初打点をマークしたものの、併殺崩れの間の「ドサクサ」と締まらなかった。

 大谷はオフに体重管理による筋力増加を図った。一度、100キロ超まで増やした後に絞り、現在は96キロ。昨季から比べると6キロアップしたが、逆に筋力増がアダとなって打撃が粗くなってないか。

 ある日ハムOBは「その心配はありませんが……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事