• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉体改造も打率伸びず…日ハム大谷になぜヒットが出ない?

 これでは「二刀流」と呼べるかどうか。

 9日のオープン戦(DeNA戦)に登板予定の日本ハム大谷(21)。実戦でも結果を残し、後は開幕に向けて調整をするだけとあって、投げる方は心配ないだろう。

 問題は「打者大谷」だ。アリゾナキャンプでの実戦は12打数6安打と快調だったが、オープン戦に入ると10打数2安打、打率.200。対外試合でプロ入り初の4番に座った6日には初打点をマークしたものの、併殺崩れの間の「ドサクサ」と締まらなかった。

 大谷はオフに体重管理による筋力増加を図った。一度、100キロ超まで増やした後に絞り、現在は96キロ。昨季から比べると6キロアップしたが、逆に筋力増がアダとなって打撃が粗くなってないか。

 ある日ハムOBは「その心配はありませんが……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る