OP戦絶好調の反動も…日ハム大谷は開幕後に“一抹の不安”

公開日: 更新日:

 しょせんは、オープン戦だ。

 一軍切符のかかっている若手ならともかく、実績十分の投手にとって結果そのものは大した問題じゃない。開幕に向けた最後の調整の場だから、むしろ打たれて課題が見つかった方が良いケースもある。

 日本ハム大谷翔平(21)は昨年、オープン戦3試合、計11回を投げて11安打9失点、10与四球。2試合連続で火だるまになったことが、結果としてプラスに作用した。「技術をステップアップさせる過程のズレ」を修正できたからだ。防御率(2・24)、勝利(15)、勝率(7割5分)のタイトルを獲得したのも、開幕前に課題を解消できたことが大きかった。

 そこへいくと今季の大谷は、キャンプ中の実戦から絶好調。ここまで実戦3試合、計10回を投げて4安打無失点だ。

 試合が途中で降雨中止となった9日のDeNA戦はぬかるんだ足元を気にした投球で参考外ながら、中断した三回2死満塁の時点まで点をやらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

もっと見る