OP戦絶好調の反動も…日ハム大谷は開幕後に“一抹の不安”

公開日: 更新日:

 しょせんは、オープン戦だ。

 一軍切符のかかっている若手ならともかく、実績十分の投手にとって結果そのものは大した問題じゃない。開幕に向けた最後の調整の場だから、むしろ打たれて課題が見つかった方が良いケースもある。

 日本ハムの大谷翔平(21)は昨年、オープン戦3試合、計11回を投げて11安打9失点、10与四球。2試合連続で火だるまになったことが、結果としてプラスに作用した。「技術をステップアップさせる過程のズレ」を修正できたからだ。防御率(2・24)、勝利(15)、勝率(7割5分)のタイトルを獲得したのも、開幕前に課題を解消できたことが大きかった。

 そこへいくと今季の大谷は、キャンプ中の実戦から絶好調。ここまで実戦3試合、計10回を投げて4安打無失点だ。

 試合が途中で降雨中止となった9日のDeNA戦はぬかるんだ足元を気にした投球で参考外ながら、中断した三回2死満塁の時点まで点をやらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る