OP戦絶好調の反動も…日ハム大谷は開幕後に“一抹の不安”

公開日:  更新日:

 しょせんは、オープン戦だ。

 一軍切符のかかっている若手ならともかく、実績十分の投手にとって結果そのものは大した問題じゃない。開幕に向けた最後の調整の場だから、むしろ打たれて課題が見つかった方が良いケースもある。

 日本ハムの大谷翔平(21)は昨年、オープン戦3試合、計11回を投げて11安打9失点、10与四球。2試合連続で火だるまになったことが、結果としてプラスに作用した。「技術をステップアップさせる過程のズレ」を修正できたからだ。防御率(2・24)、勝利(15)、勝率(7割5分)のタイトルを獲得したのも、開幕前に課題を解消できたことが大きかった。

 そこへいくと今季の大谷は、キャンプ中の実戦から絶好調。ここまで実戦3試合、計10回を投げて4安打無失点だ。

 試合が途中で降雨中止となった9日のDeNA戦はぬかるんだ足元を気にした投球で参考外ながら、中断した三回2死満塁の時点まで点をやらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る