スライド先発のヤンキース田中 「開幕投手」発表ズレた裏

公開日:  更新日:

  4日(日本時間5日)に予定されていた今季開幕戦アストロズ戦は降雨で中止に。翌5日(同6日2時すぎ)にスライド登板する田中はヤンキースタジアム右翼の芝生でキャッチボールで調整。その後、相手を座らせて軽く投げ込んだ田中だが、依然、右肘に不安を抱えていることが分かった。

 3月23日のナショナルズ戦はレギュラーシーズンも含めて自己ワーストの自責点7。29日のフィリーズ戦も1失点ながら7安打と打ち込まれた。それが、完治していない右肘靱帯部分断裂の影響なのか、オフのクリーニング手術の後遺症なのかは定かではないが、オープン戦最後の2試合で万全な投球ができなかったのは、右肘不安の影響だという。

「状態が良いときであれば150キロ中盤をマークするストレートが、23日は最速143キロ、29日は148キロでした。投球フォームも絶好調時のものとは程遠く、明らかに右肘をかばって投げていたというのが首脳陣の見立てだといいます」とは、ヤンキースをカバーする米国人記者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る