スライド先発のヤンキース田中 「開幕投手」発表ズレた裏

公開日: 更新日:

  4日(日本時間5日)に予定されていた今季開幕戦アストロズ戦は降雨で中止に。翌5日(同6日2時すぎ)にスライド登板する田中はヤンキースタジアム右翼の芝生でキャッチボールで調整。その後、相手を座らせて軽く投げ込んだ田中だが、依然、右肘に不安を抱えていることが分かった。

 3月23日のナショナルズ戦はレギュラーシーズンも含めて自己ワーストの自責点7。29日のフィリーズ戦も1失点ながら7安打と打ち込まれた。それが、完治していない右肘靱帯部分断裂の影響なのか、オフのクリーニング手術の後遺症なのかは定かではないが、オープン戦最後の2試合で万全な投球ができなかったのは、右肘不安の影響だという。

「状態が良いときであれば150キロ中盤をマークするストレートが、23日は最速143キロ、29日は148キロでした。投球フォームも絶好調時のものとは程遠く、明らかに右肘をかばって投げていたというのが首脳陣の見立てだといいます」とは、ヤンキースをカバーする米国人記者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る