スライド先発のヤンキース田中 「開幕投手」発表ズレた裏

公開日: 更新日:

  4日(日本時間5日)に予定されていた今季開幕戦アストロズ戦は降雨で中止に。翌5日(同6日2時すぎ)にスライド登板する田中はヤンキースタジアム右翼の芝生でキャッチボールで調整。その後、相手を座らせて軽く投げ込んだ田中だが、依然、右肘に不安を抱えていることが分かった。

 3月23日のナショナルズ戦はレギュラーシーズンも含めて自己ワーストの自責点7。29日のフィリーズ戦も1失点ながら7安打と打ち込まれた。それが、完治していない右肘靱帯部分断裂の影響なのか、オフのクリーニング手術の後遺症なのかは定かではないが、オープン戦最後の2試合で万全な投球ができなかったのは、右肘不安の影響だという。

「状態が良いときであれば150キロ中盤をマークするストレートが、23日は最速143キロ、29日は148キロでした。投球フォームも絶好調時のものとは程遠く、明らかに右肘をかばって投げていたというのが首脳陣の見立てだといいます」とは、ヤンキースをカバーする米国人記者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る