スライド先発のヤンキース田中 「開幕投手」発表ズレた裏

公開日:  更新日:

  4日(日本時間5日)に予定されていた今季開幕戦アストロズ戦は降雨で中止に。翌5日(同6日2時すぎ)にスライド登板する田中はヤンキースタジアム右翼の芝生でキャッチボールで調整。その後、相手を座らせて軽く投げ込んだ田中だが、依然、右肘に不安を抱えていることが分かった。

 3月23日のナショナルズ戦はレギュラーシーズンも含めて自己ワーストの自責点7。29日のフィリーズ戦も1失点ながら7安打と打ち込まれた。それが、完治していない右肘靱帯部分断裂の影響なのか、オフのクリーニング手術の後遺症なのかは定かではないが、オープン戦最後の2試合で万全な投球ができなかったのは、右肘不安の影響だという。

「状態が良いときであれば150キロ中盤をマークするストレートが、23日は最速143キロ、29日は148キロでした。投球フォームも絶好調時のものとは程遠く、明らかに右肘をかばって投げていたというのが首脳陣の見立てだといいます」とは、ヤンキースをカバーする米国人記者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る