初先発は5回2失点降板…マリナーズ岩隈の成否は直球次第

公開日: 更新日:

 開幕早々、不安がささやかれている。

 マリナーズ・岩隈久志(34)が5日(日本時間6日)のレンジャーズ戦に今季初登板。5回を6安打2失点。同点の場面で降板し、勝敗は付かなかった。この日は4四死球と持ち味である制球力を欠いた。四回にはキレのない変化球を狙い打たれて2点を失った。

 岩隈はエース右腕ヘルナンデスとの二枚看板として先発陣を支えるが、これでは期待を裏切りかねない。12年の渡米以来、年々、投球が単調になり、変化球偏重になっているからだ。

 米国の野球専門データサイト「ファングラフス」によれば、岩隈の平均球速は12年の90.3マイル(約145キロ)をピークに88.9マイル(143キロ)まで低下。球威がないからか、毎年のように直球よりも変化球の割合が増え、直球の割合はサイ・ヤング賞の最終候補3人に残った13年こそ53%だったが、昨季は49%だった。直球に代わってスプリット、シンカー、カーブの割合が年々、増えているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  2. 2

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  3. 3

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  4. 4

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  5. 5

    クレラップCM“おかっぱガール”工藤あかりさんは現役慶大生

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    ドラマ“逃げ恥”の制作会社も「令和の倒産」大都市で急増中

  8. 8

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤さん 芸人と兼ねる意外な仕事とは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    「ドラフト候補左腕を攻略したい」…私は沖縄へ飛んだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る