初先発は5回2失点降板…マリナーズ岩隈の成否は直球次第

公開日: 更新日:

 開幕早々、不安がささやかれている。

 マリナーズ・岩隈久志(34)が5日(日本時間6日)のレンジャーズ戦に今季初登板。5回を6安打2失点。同点の場面で降板し、勝敗は付かなかった。この日は4四死球と持ち味である制球力を欠いた。四回にはキレのない変化球を狙い打たれて2点を失った。

 岩隈はエース右腕ヘルナンデスとの二枚看板として先発陣を支えるが、これでは期待を裏切りかねない。12年の渡米以来、年々、投球が単調になり、変化球偏重になっているからだ。

 米国の野球専門データサイト「ファングラフス」によれば、岩隈の平均球速は12年の90.3マイル(約145キロ)をピークに88.9マイル(143キロ)まで低下。球威がないからか、毎年のように直球よりも変化球の割合が増え、直球の割合はサイ・ヤング賞の最終候補3人に残った13年こそ53%だったが、昨季は49%だった。直球に代わってスプリット、シンカー、カーブの割合が年々、増えているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る