これがプロの解説? 中島常幸がマスターズで“大ハシャギ”

公開日: 更新日:

 まるで素人の応援団だった。TBSテレビの解説を務めた中嶋常幸(61)のことだ。

 中継がはじまると「松山には優勝して欲しい。こういう場に立ち会えて本当にうれしい」と、松山の活躍に浮かれっぱなしだった。

 松山が首位と2打差3位で3日目を終了した際には、冗談半分ながら松山に「グリーンジャケットのサイズを測っておいた方がいい」と、悪ノリ。

 ところが最終日、6番までにスコアを4つ落としてズルズル後退すると、途端に口数が少なくなり、揚げ句の果ては「優勝は絶望的なスコアですが、インコースでどれだけ盛り返せるか。次のメジャーで生きてくると思う」と神妙になった。

 しかし、8番、10番のバーディーでスコアを2つ戻し、13番パー5で2メートルのイーグルチャンスにつけると「まだ(優勝の目が)あるよ、まだあるよ」と、また騒ぎ出した。しまいには「マスターズで日本人が勝てるんじゃないかと思っただけでもよかったんじゃないか」と、ひとり悦に入っていた。

 本来ならプロとして視聴者に正しい知識と情報を伝え、試合展開を予測するべきなのに、単なる「松山応援団」になっているのだから、どうしようもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る