これがプロの解説? 中島常幸がマスターズで“大ハシャギ”

公開日: 更新日:

 まるで素人の応援団だった。TBSテレビの解説を務めた中嶋常幸(61)のことだ。

 中継がはじまると「松山には優勝して欲しい。こういう場に立ち会えて本当にうれしい」と、松山の活躍に浮かれっぱなしだった。

 松山が首位と2打差3位で3日目を終了した際には、冗談半分ながら松山に「グリーンジャケットのサイズを測っておいた方がいい」と、悪ノリ。

 ところが最終日、6番までにスコアを4つ落としてズルズル後退すると、途端に口数が少なくなり、揚げ句の果ては「優勝は絶望的なスコアですが、インコースでどれだけ盛り返せるか。次のメジャーで生きてくると思う」と神妙になった。

 しかし、8番、10番のバーディーでスコアを2つ戻し、13番パー5で2メートルのイーグルチャンスにつけると「まだ(優勝の目が)あるよ、まだあるよ」と、また騒ぎ出した。しまいには「マスターズで日本人が勝てるんじゃないかと思っただけでもよかったんじゃないか」と、ひとり悦に入っていた。

 本来ならプロとして視聴者に正しい知識と情報を伝え、試合展開を予測するべきなのに、単なる「松山応援団」になっているのだから、どうしようもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る