これがプロの解説? 中島常幸がマスターズで“大ハシャギ”

公開日:  更新日:

 まるで素人の応援団だった。TBSテレビの解説を務めた中嶋常幸(61)のことだ。

 中継がはじまると「松山には優勝して欲しい。こういう場に立ち会えて本当にうれしい」と、松山の活躍に浮かれっぱなしだった。

 松山が首位と2打差3位で3日目を終了した際には、冗談半分ながら松山に「グリーンジャケットのサイズを測っておいた方がいい」と、悪ノリ。

 ところが最終日、6番までにスコアを4つ落としてズルズル後退すると、途端に口数が少なくなり、揚げ句の果ては「優勝は絶望的なスコアですが、インコースでどれだけ盛り返せるか。次のメジャーで生きてくると思う」と神妙になった。

 しかし、8番、10番のバーディーでスコアを2つ戻し、13番パー5で2メートルのイーグルチャンスにつけると「まだ(優勝の目が)あるよ、まだあるよ」と、また騒ぎ出した。しまいには「マスターズで日本人が勝てるんじゃないかと思っただけでもよかったんじゃないか」と、ひとり悦に入っていた。

 本来ならプロとして視聴者に正しい知識と情報を伝え、試合展開を予測するべきなのに、単なる「松山応援団」になっているのだから、どうしようもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る