12Hパー3で大叩き「7」 スピースにマスターズ連覇の重圧

公開日: 更新日:

【マスターズ 最終日】

 オーガスタには魔女が棲むといわれる。特にタフなインの11番パー4、12番パー3、13番パー5の3ホールはアーメンコーナーと呼ばれ、世界の名手たちがトラブルに見舞われることなく無事通過できるようにひざまずいて祈ることから名付けられた。ここでは過去にも何度も悲劇が起きた。

 1999年大会では初優勝のチャンスをつかんでいた世界最強といわれたG・ノーマンが大会3日目にロストボール、最終日はティーショットがあわや手前クリークのミスからボギーをたたいてV圏内から消えた。11年大会は2位に4打差をつけて首位発進のR・マキロイが1オン4パットのダブルボギーと崩れた。

 そして今年は史上初の完全優勝での連覇か、と注目されたジョーダン・スピースが“12番のワナ”につかまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る