12Hパー3で大叩き「7」 スピースにマスターズ連覇の重圧

公開日:  更新日:

【マスターズ 最終日】

 オーガスタには魔女が棲むといわれる。特にタフなインの11番パー4、12番パー3、13番パー5の3ホールはアーメンコーナーと呼ばれ、世界の名手たちがトラブルに見舞われることなく無事通過できるようにひざまずいて祈ることから名付けられた。ここでは過去にも何度も悲劇が起きた。

 1999年大会では初優勝のチャンスをつかんでいた世界最強といわれたG・ノーマンが大会3日目にロストボール、最終日はティーショットがあわや手前クリークのミスからボギーをたたいてV圏内から消えた。11年大会は2位に4打差をつけて首位発進のR・マキロイが1オン4パットのダブルボギーと崩れた。

 そして今年は史上初の完全優勝での連覇か、と注目されたジョーダン・スピースが“12番のワナ”につかまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る