12Hパー3で大叩き「7」 スピースにマスターズ連覇の重圧

公開日: 更新日:

【マスターズ 最終日】

 オーガスタには魔女が棲むといわれる。特にタフなインの11番パー4、12番パー3、13番パー5の3ホールはアーメンコーナーと呼ばれ、世界の名手たちがトラブルに見舞われることなく無事通過できるようにひざまずいて祈ることから名付けられた。ここでは過去にも何度も悲劇が起きた。

 1999年大会では初優勝のチャンスをつかんでいた世界最強といわれたG・ノーマンが大会3日目にロストボール、最終日はティーショットがあわや手前クリークのミスからボギーをたたいてV圏内から消えた。11年大会は2位に4打差をつけて首位発進のR・マキロイが1オン4パットのダブルボギーと崩れた。

 そして今年は史上初の完全優勝での連覇か、と注目されたジョーダン・スピースが“12番のワナ”につかまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る