マスターズ初の偉業 16Hで1日3人がホールインワン達成

公開日: 更新日:

 80年のマスターズの歴史で初の偉業だ。

 16番パー3(170ヤード)でエースが1日に3人も出た。最初は11組目のS・ローリー(29)。続いて13組目ベテランのD・ラブⅢ(51)。1日に2人がホールインワンを記録したのは、過去にも3回あった。

 ところが、今年はこれで終わらなかった。22組目のL・ウェストヘーゼン(33)のティーショットは、先にピンそば1・5メートルにつけていた同伴競技者のJ・Bホームズ(33)のボールに当たると、ラインが右に変わってそのまま吸い込まれるようにカップイン。

 めったにお目にかかれないシーンに、パトロンたちの歓声がコース中に響いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る