1週間で124億円荒稼ぎ マスターズがゴルフ界牛耳る理由

公開日: 更新日:

 マスターズは大会開催で一体いくら儲けているのか?

 昨年、米ゴルフダイジェスト誌が試算したところ、売上高は1億1500万ドル(約124億2000万円)、利益は3000万ドル(約32億4000万円)。

 この試算にはテレビ・インターネットの放映権が2500万ドル(約27億円)も含まれている。いずれにしても、わずか1週間で莫大なカネが動いているのは間違いない。

 しかもマスターズ委員会は、基本的にはゴルフ普及という名目で、社団法人のような扱いになっており優遇税制を受けている。

 つまり、資金が潤沢ということだ。そこがマスターズ委員会のパワー源になっている。

 世界のゴルフを統括しているのはR&AとUSGAだが、両団体ともに全英オープン、全米オープンというカネを集めるビッグイベントを持っているものの、自前コースで開催しているわけではないことから出費も多いし、人気のないアマチュアの試合開催やクラブや用品のテストなど経費がいろいろかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る