1週間で124億円荒稼ぎ マスターズがゴルフ界牛耳る理由

公開日:  更新日:

 マスターズは大会開催で一体いくら儲けているのか?

 昨年、米ゴルフダイジェスト誌が試算したところ、売上高は1億1500万ドル(約124億2000万円)、利益は3000万ドル(約32億4000万円)。

 この試算にはテレビ・インターネットの放映権が2500万ドル(約27億円)も含まれている。いずれにしても、わずか1週間で莫大なカネが動いているのは間違いない。

 しかもマスターズ委員会は、基本的にはゴルフ普及という名目で、社団法人のような扱いになっており優遇税制を受けている。

 つまり、資金が潤沢ということだ。そこがマスターズ委員会のパワー源になっている。

 世界のゴルフを統括しているのはR&AとUSGAだが、両団体ともに全英オープン、全米オープンというカネを集めるビッグイベントを持っているものの、自前コースで開催しているわけではないことから出費も多いし、人気のないアマチュアの試合開催やクラブや用品のテストなど経費がいろいろかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る