1週間で124億円荒稼ぎ マスターズがゴルフ界牛耳る理由

公開日:  更新日:

 マスターズは大会開催で一体いくら儲けているのか?

 昨年、米ゴルフダイジェスト誌が試算したところ、売上高は1億1500万ドル(約124億2000万円)、利益は3000万ドル(約32億4000万円)。

 この試算にはテレビ・インターネットの放映権が2500万ドル(約27億円)も含まれている。いずれにしても、わずか1週間で莫大なカネが動いているのは間違いない。

 しかもマスターズ委員会は、基本的にはゴルフ普及という名目で、社団法人のような扱いになっており優遇税制を受けている。

 つまり、資金が潤沢ということだ。そこがマスターズ委員会のパワー源になっている。

 世界のゴルフを統括しているのはR&AとUSGAだが、両団体ともに全英オープン、全米オープンというカネを集めるビッグイベントを持っているものの、自前コースで開催しているわけではないことから出費も多いし、人気のないアマチュアの試合開催やクラブや用品のテストなど経費がいろいろかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る