1週間で124億円荒稼ぎ マスターズがゴルフ界牛耳る理由

公開日: 更新日:

 マスターズは大会開催で一体いくら儲けているのか?

 昨年、米ゴルフダイジェスト誌が試算したところ、売上高は1億1500万ドル(約124億2000万円)、利益は3000万ドル(約32億4000万円)。

 この試算にはテレビ・インターネットの放映権が2500万ドル(約27億円)も含まれている。いずれにしても、わずか1週間で莫大なカネが動いているのは間違いない。

 しかもマスターズ委員会は、基本的にはゴルフ普及という名目で、社団法人のような扱いになっており優遇税制を受けている。

 つまり、資金が潤沢ということだ。そこがマスターズ委員会のパワー源になっている。

 世界のゴルフを統括しているのはR&AとUSGAだが、両団体ともに全英オープン、全米オープンというカネを集めるビッグイベントを持っているものの、自前コースで開催しているわけではないことから出費も多いし、人気のないアマチュアの試合開催やクラブや用品のテストなど経費がいろいろかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る