松山は5差7位 オーガスタ攻略の課題は“弱気パット”克服

公開日:  更新日:

【マスターズ 最終日】

 首位に2打差発進の松山英樹(24)は、十分に優勝を狙える位置にいた。しかし、終わってみれば通算イーブンパーの7位タイ。96年以来となる英国人優勝となったD・ウィレット(28・英国)から5打差もつけられての幕切れとなった。

 J・スピース(22)とS・カウフマン(24)の最終組から1組前でスタートした松山は苦手な1番でグリーンを外していきなりボギー先行。2オンに成功した2番パー5で取り返すも4番、5番で3メートル以内のパーパットが入らない。第1打が右サイドの木に当たった6番はアプローチもミスしてダブルボギー。早々と優勝争いから脱落した。

 バック9に入ると本来のショットが戻ってきた。10番で4メートルのバーディーパットを沈め、12番からは4連続でチャンスをつくったが、パターに泣かされ決められない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る