松山は5差7位 オーガスタ攻略の課題は“弱気パット”克服

公開日:  更新日:

【マスターズ 最終日】

 首位に2打差発進の松山英樹(24)は、十分に優勝を狙える位置にいた。しかし、終わってみれば通算イーブンパーの7位タイ。96年以来となる英国人優勝となったD・ウィレット(28・英国)から5打差もつけられての幕切れとなった。

 J・スピース(22)とS・カウフマン(24)の最終組から1組前でスタートした松山は苦手な1番でグリーンを外していきなりボギー先行。2オンに成功した2番パー5で取り返すも4番、5番で3メートル以内のパーパットが入らない。第1打が右サイドの木に当たった6番はアプローチもミスしてダブルボギー。早々と優勝争いから脱落した。

 バック9に入ると本来のショットが戻ってきた。10番で4メートルのバーディーパットを沈め、12番からは4連続でチャンスをつくったが、パターに泣かされ決められない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る