メダル量産狙う競泳陣 リオ前に“選手争奪戦”勃発の恐れ

公開日: 更新日:

 先の日本選手権で34人の代表が決まったリオ五輪の競泳ジャパン。複数のメダル獲得を期待される競泳陣は今後、国内外での合宿を経て本番に臨む。

 5月までに計3回、行われる国内合宿では平井伯昌監督ら日本代表首脳陣の意向で、所属先の垣根を越えた指導で選手個々のレベルアップに努める方針。男子400メートル個人メドレーでの金メダル争いが有力視される同じ21歳の瀬戸大也(早大)、萩野公介(東洋大)が合同練習を行うなど、それぞれの担当コーチが他クラブの選手を指導することになった。

 13日、都内で取材に応じた平井監督によれば、他のコーチから指導を受けることで弱点の克服などにつなげるのはもちろん、「選手は選手、コーチはコーチと固まらずにチーム一丸を目指すため」だという。

 これまでは、代表コーチであっても所属先の指導者への遠慮もあって自分の教え子以外は指導しづらかった。今回は所属や種目の壁を取り払い、チーム一体となった強化を図る。画期的なことではあるが、一方で「代表合宿では各コーチによる選手の争奪戦が勃発しそう」という声も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る