15歳池江が2枚目リオ切符 母の“食育”てきめんで急成長

公開日:  更新日:

 6日、リオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権女子200メートル自由形決勝で池江璃花子(15=淑徳巣鴨高)が1分57秒39で優勝。同種目の派遣標準記録は突破できなかったものの、五十嵐(日体大)、持田(ルネサンス幕張)、青木(アリーナつきみ野SC)とともに800メートルリレーの選考基準をクリアして五輪代表に。2枚目の五輪切符を獲得した本人はレース後、笑顔でこう言った。

「うれしいです。4人で世界選手権に出て(リオの)出場枠を取ったし、また(4人で)行こうと話してましたから。他の種目も(派遣)標準記録を切れるように頑張りたいです」

 今大会は他に自由形の50、100メートルにもエントリー。前日は午前に自由形200メートル予選、夜には同準決勝をこなした1時間後に100メートルバタフライ決勝を制した。日本の女子では珍しいマルチスイマーの驚異的なスタミナは、幼少の頃からの食事と決して無関係ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る