15歳池江が2枚目リオ切符 母の“食育”てきめんで急成長

公開日: 更新日:

 6日、リオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権女子200メートル自由形決勝で池江璃花子(15=淑徳巣鴨高)が1分57秒39で優勝。同種目の派遣標準記録は突破できなかったものの、五十嵐(日体大)、持田(ルネサンス幕張)、青木(アリーナつきみ野SC)とともに800メートルリレーの選考基準をクリアして五輪代表に。2枚目の五輪切符を獲得した本人はレース後、笑顔でこう言った。

「うれしいです。4人で世界選手権に出て(リオの)出場枠を取ったし、また(4人で)行こうと話してましたから。他の種目も(派遣)標準記録を切れるように頑張りたいです」

 今大会は他に自由形の50、100メートルにもエントリー。前日は午前に自由形200メートル予選、夜には同準決勝をこなした1時間後に100メートルバタフライ決勝を制した。日本の女子では珍しいマルチスイマーの驚異的なスタミナは、幼少の頃からの食事と決して無関係ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  7. 7

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る