15歳新鋭・今井 ジュニア世界新でメドレー代表に滑り込み

公開日: 更新日:

 15歳の新鋭が五輪切符を手にした。

 7日のリオ五輪選考会で行われた、競泳女子200メートル個人メドレー決勝。1位の寺村美穂に続き、2位の今井月(15)もリオ五輪派遣標準記録をクリアして、初の代表に選ばれた。

 今井の2分10秒76は世界ジュニア新記録。「まだ実感はないけど、うれしいです」と顔をほころばせた今井は、13年の日本選手権に12歳で出場。200メートル平泳ぎで3位入賞し、一躍、天才少女として名を馳せた。

 名前の「月」の読みは「るな」。ラテン語で月を意味し、ローマ帝国で信仰されていた月の女神の名前でもある。

 泳ぐ姿は人魚でも、水から上がるとキュートな女神。ブラジルでも観衆を魅了できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る