故障根絶徹底も離脱者続出 治らないGナインの“虚弱体質”

公開日: 更新日:

 今季、巨人の全選手は球団から100ページに及ぶ冊子を渡された。中身は、野球協約の順守を啓蒙する賭博防止マニュアル――ではなく、故障に関する検証、研究をまとめたものだ。

「故障者続出に泣かされてV逸した昨年の反省から、球団内に故障防止プロジェクトを立ち上げたのです。特に多かった肉離れを根絶するため、キャンプでは講座を開き、冊子も配った。ですが、一軍でその講座をやった翌日のキャンプ初日に先発ローテ候補の大竹がいきなり肉離れになってミソをつけ、開幕後も主力のコンディション不良が続出している。球団も首脳陣も頭を痛めてます」(チーム関係者)

 開幕2戦目で2打点を挙げてヒーローになった亀井が翌日に体の張りを訴えて欠場したのを皮切りに、3月30日にプロ初先発を果たした新人の桜井が直後に右ヒジの違和感で登録抹消。先カードのヤクルト戦では坂本が足の故障でスタメン落ちし、4番のギャレットも体調不良で試合前に帰宅してしまった。開幕から1カ月も経たないうちに体の張りだ、足が痛いだと言うのだから、キャンプでなにをやっていたんだ、という話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況