• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故障根絶徹底も離脱者続出 治らないGナインの“虚弱体質”

 今季、巨人の全選手は球団から100ページに及ぶ冊子を渡された。中身は、野球協約の順守を啓蒙する賭博防止マニュアル――ではなく、故障に関する検証、研究をまとめたものだ。

「故障者続出に泣かされてV逸した昨年の反省から、球団内に故障防止プロジェクトを立ち上げたのです。特に多かった肉離れを根絶するため、キャンプでは講座を開き、冊子も配った。ですが、一軍でその講座をやった翌日のキャンプ初日に先発ローテ候補の大竹がいきなり肉離れになってミソをつけ、開幕後も主力のコンディション不良が続出している。球団も首脳陣も頭を痛めてます」(チーム関係者)

 開幕2戦目で2打点を挙げてヒーローになった亀井が翌日に体の張りを訴えて欠場したのを皮切りに、3月30日にプロ初先発を果たした新人の桜井が直後に右ヒジの違和感で登録抹消。先カードのヤクルト戦では坂本が足の故障でスタメン落ちし、4番のギャレットも体調不良で試合前に帰宅してしまった。開幕から1カ月も経たないうちに体の張りだ、足が痛いだと言うのだから、キャンプでなにをやっていたんだ、という話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る