故障根絶徹底も離脱者続出 治らないGナインの“虚弱体質”

公開日:  更新日:

 今季、巨人の全選手は球団から100ページに及ぶ冊子を渡された。中身は、野球協約の順守を啓蒙する賭博防止マニュアル――ではなく、故障に関する検証、研究をまとめたものだ。

「故障者続出に泣かされてV逸した昨年の反省から、球団内に故障防止プロジェクトを立ち上げたのです。特に多かった肉離れを根絶するため、キャンプでは講座を開き、冊子も配った。ですが、一軍でその講座をやった翌日のキャンプ初日に先発ローテ候補の大竹がいきなり肉離れになってミソをつけ、開幕後も主力のコンディション不良が続出している。球団も首脳陣も頭を痛めてます」(チーム関係者)

 開幕2戦目で2打点を挙げてヒーローになった亀井が翌日に体の張りを訴えて欠場したのを皮切りに、3月30日にプロ初先発を果たした新人の桜井が直後に右ヒジの違和感で登録抹消。先カードのヤクルト戦では坂本が足の故障でスタメン落ちし、4番のギャレットも体調不良で試合前に帰宅してしまった。開幕から1カ月も経たないうちに体の張りだ、足が痛いだと言うのだから、キャンプでなにをやっていたんだ、という話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る