4投手解雇に桜井抹消…巨人・菅野に先発手薄のシワ寄せが

公開日:  更新日:

 巨人のエースがフル回転させられる――。

 昨季までは主に先発投手は6人で回していた。しかし、今季から一軍担当の尾花投手コーチが温めていた「先発5人を中5日で回し、不安なリリーフ陣を増員する」という構想が採用された。

 3月31日、その5枚のカードからさらに1枚が減った。巨人のルーキー右腕・桜井が同日、出場選手登録を抹消されたのだ。前日30日のDeNA戦でプロ初先発。五回途中4失点で降板し、初黒星を喫していた。高橋由伸監督(40)は「悪くないと思った」と一定の評価を下していたにもかかわらずだ。横浜スタジアムの練習に参加した桜井は「昨日の反省をしっかりして、すぐに戻ってこられるように調整したい。体の張り? いや、ないです」と故障説は否定したものの、何とも不可解な抹消である。

 不穏な空気が流れる中、菅野智之(26)がDeNA戦に中5日で先発。六回までは73球で無失点と危なげなかったが、3-0の七回、筒香に痛恨の同点3ランを浴びて8回3失点。自身の開幕2連勝はあっという間に消えてしまった。球数は112球。開幕戦は119球を投げていた。当初はこの日に先発の6人目として今村が先発するプランもあったが、高橋監督は迷った末に間隔を詰めて菅野を投入した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る