4投手解雇に桜井抹消…巨人・菅野に先発手薄のシワ寄せが

公開日: 更新日:

 巨人のエースがフル回転させられる――。

 昨季までは主に先発投手は6人で回していた。しかし、今季から一軍担当の尾花投手コーチが温めていた「先発5人を中5日で回し、不安なリリーフ陣を増員する」という構想が採用された。

 3月31日、その5枚のカードからさらに1枚が減った。巨人のルーキー右腕・桜井が同日、出場選手登録を抹消されたのだ。前日30日のDeNA戦でプロ初先発。五回途中4失点で降板し、初黒星を喫していた。高橋由伸監督(40)は「悪くないと思った」と一定の評価を下していたにもかかわらずだ。横浜スタジアムの練習に参加した桜井は「昨日の反省をしっかりして、すぐに戻ってこられるように調整したい。体の張り? いや、ないです」と故障説は否定したものの、何とも不可解な抹消である。

 不穏な空気が流れる中、菅野智之(26)がDeNA戦に中5日で先発。六回までは73球で無失点と危なげなかったが、3-0の七回、筒香に痛恨の同点3ランを浴びて8回3失点。自身の開幕2連勝はあっという間に消えてしまった。球数は112球。開幕戦は119球を投げていた。当初はこの日に先発の6人目として今村が先発するプランもあったが、高橋監督は迷った末に間隔を詰めて菅野を投入した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る