2ケタ失点で虎に惨敗…巨人の“投壊危機”は貧打より深刻

公開日: 更新日:

 巨人が阪神にボロ負けを食らった。

 7日、巨人は高卒3年目の平良拳太郎(20)が初登板初先発。4者連続三振を奪うなど上々の立ち上がりだったが、0-0の四回につかまった。福留に先制2ランを浴びると、投手のメッセンジャーにも2点適時打を打たれて四回途中4失点でKO。2番手の土田も5失点とボコボコにされ、九回に5番手として調整登板したマシソンも江越に一発を浴びるなど、2ケタ失点の惨敗である。

 この3連戦のスコアは2-8、3-0、1-10。2戦目は菅野が完封したものの、後に続く投手がいない。昨季は菅野、マイコラス、ポレダで先発三本柱を形成したが、今季は故障中のマイコラスが不在。菅野が先発する試合しか勝ち星が計算できないのである。

「何がヤバいって、昨年は阪神から5勝を挙げた虎キラー・ポレダが初戦で8安打8失点と炎上したこと。高橋監督は菅野と共に左右のエースとしてフル回転の活躍を期待していただけに、ベンチのショックは大きかった。クイックが課題といわれ、相手にかき回された昨年の春先、本人やコーチが映像を擦り切れるまで見て、クセと思われる部分を修正し、セットとクイックなども改善した途端、後半戦はあまり走られなくなった。それが、今季初対決で鈍足のゴメスにロケットスタートを切られるなど3盗塁を許した。ポレダの投球フォームをスコアラーが緊急解析することになった」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る