2ケタ失点で虎に惨敗…巨人の“投壊危機”は貧打より深刻

公開日:  更新日:

 巨人が阪神にボロ負けを食らった。

 7日、巨人は高卒3年目の平良拳太郎(20)が初登板初先発。4者連続三振を奪うなど上々の立ち上がりだったが、0-0の四回につかまった。福留に先制2ランを浴びると、投手のメッセンジャーにも2点適時打を打たれて四回途中4失点でKO。2番手の土田も5失点とボコボコにされ、九回に5番手として調整登板したマシソンも江越に一発を浴びるなど、2ケタ失点の惨敗である。

 この3連戦のスコアは2-8、3-0、1-10。2戦目は菅野が完封したものの、後に続く投手がいない。昨季は菅野、マイコラス、ポレダで先発三本柱を形成したが、今季は故障中のマイコラスが不在。菅野が先発する試合しか勝ち星が計算できないのである。

「何がヤバいって、昨年は阪神から5勝を挙げた虎キラー・ポレダが初戦で8安打8失点と炎上したこと。高橋監督は菅野と共に左右のエースとしてフル回転の活躍を期待していただけに、ベンチのショックは大きかった。クイックが課題といわれ、相手にかき回された昨年の春先、本人やコーチが映像を擦り切れるまで見て、クセと思われる部分を修正し、セットとクイックなども改善した途端、後半戦はあまり走られなくなった。それが、今季初対決で鈍足のゴメスにロケットスタートを切られるなど3盗塁を許した。ポレダの投球フォームをスコアラーが緊急解析することになった」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る