弱点克服でジレンマが 日ハム大谷の猛打賞に首脳陣冷や汗

公開日: 更新日:

 193センチの長身が一塁を駆け抜けた。

 19日の西武戦に「5番・DH」で出場した日本ハムの大谷翔平(21)が、今季初の猛打賞。四回に三塁内野安打を打つと、六回に左前打、八回には左翼線二塁打を放った。もっか打率.323だ。

 しかし、「打者大谷」が打てば打つほど、首脳陣はヒヤヒヤだ。この日の内野安打は三塁線に打球を飛ばすと、全力疾走。最後は歩幅を大きく広げ、一塁ベースを踏んだ。近年は走っただけでケガをする野手も少なくない。大谷が練習不足とは言わないが、ベースを踏む位置を間違えて足を痛めるケースもある。

 そうした懸念は大谷の入団当初からあった。今更言うことではないのかもしれないが、打者として成長を見せた今季は、さらに心配材料が増える。内角攻めだ。

 昨季までの大谷なら、それほど心配することはなかった。外角に弱く、落ちる変化球を投げておけば、面白いようにバットがクルクル回っていたからだ。しかし、逆方向を意識するようになった今季は、外角にめっぽう強い。これまで打った2本塁打はいずれも逆方向。うち1本は外角を流し打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る