弱点克服でジレンマが 日ハム大谷の猛打賞に首脳陣冷や汗

公開日: 更新日:

 193センチの長身が一塁を駆け抜けた。

 19日の西武戦に「5番・DH」で出場した日本ハム大谷翔平(21)が、今季初の猛打賞。四回に三塁内野安打を打つと、六回に左前打、八回には左翼線二塁打を放った。もっか打率.323だ。

 しかし、「打者大谷」が打てば打つほど、首脳陣はヒヤヒヤだ。この日の内野安打は三塁線に打球を飛ばすと、全力疾走。最後は歩幅を大きく広げ、一塁ベースを踏んだ。近年は走っただけでケガをする野手も少なくない。大谷が練習不足とは言わないが、ベースを踏む位置を間違えて足を痛めるケースもある。

 そうした懸念は大谷の入団当初からあった。今更言うことではないのかもしれないが、打者として成長を見せた今季は、さらに心配材料が増える。内角攻めだ。

 昨季までの大谷なら、それほど心配することはなかった。外角に弱く、落ちる変化球を投げておけば、面白いようにバットがクルクル回っていたからだ。しかし、逆方向を意識するようになった今季は、外角にめっぽう強い。これまで打った2本塁打はいずれも逆方向。うち1本は外角を流し打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る