弱点克服でジレンマが 日ハム大谷の猛打賞に首脳陣冷や汗

公開日: 更新日:

 193センチの長身が一塁を駆け抜けた。

 19日の西武戦に「5番・DH」で出場した日本ハム大谷翔平(21)が、今季初の猛打賞。四回に三塁内野安打を打つと、六回に左前打、八回には左翼線二塁打を放った。もっか打率.323だ。

 しかし、「打者大谷」が打てば打つほど、首脳陣はヒヤヒヤだ。この日の内野安打は三塁線に打球を飛ばすと、全力疾走。最後は歩幅を大きく広げ、一塁ベースを踏んだ。近年は走っただけでケガをする野手も少なくない。大谷が練習不足とは言わないが、ベースを踏む位置を間違えて足を痛めるケースもある。

 そうした懸念は大谷の入団当初からあった。今更言うことではないのかもしれないが、打者として成長を見せた今季は、さらに心配材料が増える。内角攻めだ。

 昨季までの大谷なら、それほど心配することはなかった。外角に弱く、落ちる変化球を投げておけば、面白いようにバットがクルクル回っていたからだ。しかし、逆方向を意識するようになった今季は、外角にめっぽう強い。これまで打った2本塁打はいずれも逆方向。うち1本は外角を流し打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…