また援護なく3試合で2敗…日ハム大谷登板時に“DH不要論”

公開日: 更新日:

 投げれど投げれど、なお我が勝ち星手に入らざり、じっとバットを見る――。

 10日の楽天戦に今季初勝利をかけて先発した日本ハム大谷翔平(21)。8回6安打1失点、8奪三振と好投するも、わずか5安打の打線に足を引っ張られて今季2敗目を喫した。

「負けたので、納得はしていません」

 と試合後に話した大谷。今季は3試合に投げ、それぞれ7回3失点(自責2)、6回1失点、8回1失点。防御率1.71ながら、0勝2敗だ。投手の勝敗は打線の援護のあるなしに左右されるので、勝ち星だけが絶対的な評価ではない。それはその通りだが、これだけ力投して黒星を押し付けられては、たまったものではない。

 いっそのこと首脳陣にセ・リーグ方式を直訴してはどうか。自分が投げる日はDH制度を使わず、自分で打席に入る。なにせ、大谷はチーム2位タイの2本塁打、同3位の7打点だ。打率.333、得点圏打率は5割もある。主にDHを担う近藤は調子が上がらず、打率.256。この日、DHに座った大嶋は3タコの上、得点圏の機会で2度凡退した。

 もちろん、現実的には難しい。二刀流がゆえの疲労もあるし、野手の出番を奪うことにもなる。しかし、エースを見殺しにする野手陣に文句を言う資格なし。大谷を援護できるのは、大谷だけではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る