また援護なく3試合で2敗…日ハム大谷登板時に“DH不要論”

公開日: 更新日:

 投げれど投げれど、なお我が勝ち星手に入らざり、じっとバットを見る――。

 10日の楽天戦に今季初勝利をかけて先発した日本ハム大谷翔平(21)。8回6安打1失点、8奪三振と好投するも、わずか5安打の打線に足を引っ張られて今季2敗目を喫した。

「負けたので、納得はしていません」

 と試合後に話した大谷。今季は3試合に投げ、それぞれ7回3失点(自責2)、6回1失点、8回1失点。防御率1.71ながら、0勝2敗だ。投手の勝敗は打線の援護のあるなしに左右されるので、勝ち星だけが絶対的な評価ではない。それはその通りだが、これだけ力投して黒星を押し付けられては、たまったものではない。

 いっそのこと首脳陣にセ・リーグ方式を直訴してはどうか。自分が投げる日はDH制度を使わず、自分で打席に入る。なにせ、大谷はチーム2位タイの2本塁打、同3位の7打点だ。打率.333、得点圏打率は5割もある。主にDHを担う近藤は調子が上がらず、打率.256。この日、DHに座った大嶋は3タコの上、得点圏の機会で2度凡退した。

 もちろん、現実的には難しい。二刀流がゆえの疲労もあるし、野手の出番を奪うことにもなる。しかし、エースを見殺しにする野手陣に文句を言う資格なし。大谷を援護できるのは、大谷だけではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る