また援護なく3試合で2敗…日ハム大谷登板時に“DH不要論”

公開日:  更新日:

 投げれど投げれど、なお我が勝ち星手に入らざり、じっとバットを見る――。

 10日の楽天戦に今季初勝利をかけて先発した日本ハムの大谷翔平(21)。8回6安打1失点、8奪三振と好投するも、わずか5安打の打線に足を引っ張られて今季2敗目を喫した。

「負けたので、納得はしていません」

 と試合後に話した大谷。今季は3試合に投げ、それぞれ7回3失点(自責2)、6回1失点、8回1失点。防御率1.71ながら、0勝2敗だ。投手の勝敗は打線の援護のあるなしに左右されるので、勝ち星だけが絶対的な評価ではない。それはその通りだが、これだけ力投して黒星を押し付けられては、たまったものではない。

 いっそのこと首脳陣にセ・リーグ方式を直訴してはどうか。自分が投げる日はDH制度を使わず、自分で打席に入る。なにせ、大谷はチーム2位タイの2本塁打、同3位の7打点だ。打率.333、得点圏打率は5割もある。主にDHを担う近藤は調子が上がらず、打率.256。この日、DHに座った大嶋は3タコの上、得点圏の機会で2度凡退した。

 もちろん、現実的には難しい。二刀流がゆえの疲労もあるし、野手の出番を奪うことにもなる。しかし、エースを見殺しにする野手陣に文句を言う資格なし。大谷を援護できるのは、大谷だけではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る