また援護なく3試合で2敗…日ハム大谷登板時に“DH不要論”

公開日: 更新日:

 投げれど投げれど、なお我が勝ち星手に入らざり、じっとバットを見る――。

 10日の楽天戦に今季初勝利をかけて先発した日本ハムの大谷翔平(21)。8回6安打1失点、8奪三振と好投するも、わずか5安打の打線に足を引っ張られて今季2敗目を喫した。

「負けたので、納得はしていません」

 と試合後に話した大谷。今季は3試合に投げ、それぞれ7回3失点(自責2)、6回1失点、8回1失点。防御率1.71ながら、0勝2敗だ。投手の勝敗は打線の援護のあるなしに左右されるので、勝ち星だけが絶対的な評価ではない。それはその通りだが、これだけ力投して黒星を押し付けられては、たまったものではない。

 いっそのこと首脳陣にセ・リーグ方式を直訴してはどうか。自分が投げる日はDH制度を使わず、自分で打席に入る。なにせ、大谷はチーム2位タイの2本塁打、同3位の7打点だ。打率.333、得点圏打率は5割もある。主にDHを担う近藤は調子が上がらず、打率.256。この日、DHに座った大嶋は3タコの上、得点圏の機会で2度凡退した。

 もちろん、現実的には難しい。二刀流がゆえの疲労もあるし、野手の出番を奪うことにもなる。しかし、エースを見殺しにする野手陣に文句を言う資格なし。大谷を援護できるのは、大谷だけではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る