6回1失点、白星ならず…日ハム大谷“二刀流”に中1日の試練

公開日: 更新日:

 普段以上に気合が入っていたに違いない。

 1日のソフトバンク戦に先発した日本ハムの大谷翔平(21)。ところが、初回、先頭打者の福田に死球を与えると、ストライクを取るのに四苦八苦。変化球は「あさって」の方向にすっぽ抜け、頼みの直球も制御しきれない。それでも何とか球威を頼みに投げ続け、6回5四死球1失点。散々な内容の105球だったが、最低限の仕事は果たした。

「毎回ランナーを出してしまい、テンポのいいピッチングができませんでした」

 と話すように、不甲斐ない投球には反省しきり。それでも「唯一よかったのは、要所で抑えられたことぐらいです」と言ったのは、安堵の気持ちも強かったからではないか。

 この日は大谷にとって、二刀流の試金石というべき重要な試合だった。昨季までは野手出場する際、最低でも登板日の前後2日間は間隔を取っていた。今季からは本格的な二刀流に挑むため、登板日の前後しか休まない。この日は今季2号を打った3月30日から、中1日でのマウンドだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る