6回1失点、白星ならず…日ハム大谷“二刀流”に中1日の試練

公開日: 更新日:

 普段以上に気合が入っていたに違いない。

 1日のソフトバンク戦に先発した日本ハム大谷翔平(21)。ところが、初回、先頭打者の福田に死球を与えると、ストライクを取るのに四苦八苦。変化球は「あさって」の方向にすっぽ抜け、頼みの直球も制御しきれない。それでも何とか球威を頼みに投げ続け、6回5四死球1失点。散々な内容の105球だったが、最低限の仕事は果たした。

「毎回ランナーを出してしまい、テンポのいいピッチングができませんでした」

 と話すように、不甲斐ない投球には反省しきり。それでも「唯一よかったのは、要所で抑えられたことぐらいです」と言ったのは、安堵の気持ちも強かったからではないか。

 この日は大谷にとって、二刀流の試金石というべき重要な試合だった。昨季までは野手出場する際、最低でも登板日の前後2日間は間隔を取っていた。今季からは本格的な二刀流に挑むため、登板日の前後しか休まない。この日は今季2号を打った3月30日から、中1日でのマウンドだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  9. 9

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る