6回1失点、白星ならず…日ハム大谷“二刀流”に中1日の試練

公開日: 更新日:

 普段以上に気合が入っていたに違いない。

 1日のソフトバンク戦に先発した日本ハムの大谷翔平(21)。ところが、初回、先頭打者の福田に死球を与えると、ストライクを取るのに四苦八苦。変化球は「あさって」の方向にすっぽ抜け、頼みの直球も制御しきれない。それでも何とか球威を頼みに投げ続け、6回5四死球1失点。散々な内容の105球だったが、最低限の仕事は果たした。

「毎回ランナーを出してしまい、テンポのいいピッチングができませんでした」

 と話すように、不甲斐ない投球には反省しきり。それでも「唯一よかったのは、要所で抑えられたことぐらいです」と言ったのは、安堵の気持ちも強かったからではないか。

 この日は大谷にとって、二刀流の試金石というべき重要な試合だった。昨季までは野手出場する際、最低でも登板日の前後2日間は間隔を取っていた。今季からは本格的な二刀流に挑むため、登板日の前後しか休まない。この日は今季2号を打った3月30日から、中1日でのマウンドだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る