• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷また勝てず…悪い“投球テンポ”に野手ヘトヘト

 これじゃあ野手だってたまらない。

 17日、日本ハムの大谷翔平(21)が先発するも、またもや勝ち負けつかず。ロッテ打線を8回2失点に抑えながら打線の援護に恵まれず、開幕4試合で防御率1・86ながら0勝2敗だ。

 だがしかし、ここで打てない野手を責めるのはお門違い。大谷に援護点がないのは、自身の投球と無関係ではない。

 大谷はとにかく立ち上がりが悪い。この日も初回2死から四球を与え、二回にはロッテに先制点を献上した。投手有利のカウントからボール球を連発、あるいはボール先行でストライクを取りにいった甘い球を狙われている。これまでも4試合中、3試合で先制点を取られている。

 評論家の山崎裕之氏は「野手が打てないのも無理はありませんよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る