日ハム大谷また勝てず…悪い“投球テンポ”に野手ヘトヘト

公開日: 更新日:

 これじゃあ野手だってたまらない。

 17日、日本ハム大谷翔平(21)が先発するも、またもや勝ち負けつかず。ロッテ打線を8回2失点に抑えながら打線の援護に恵まれず、開幕4試合で防御率1・86ながら0勝2敗だ。

 だがしかし、ここで打てない野手を責めるのはお門違い。大谷に援護点がないのは、自身の投球と無関係ではない。

 大谷はとにかく立ち上がりが悪い。この日も初回2死から四球を与え、二回にはロッテに先制点を献上した。投手有利のカウントからボール球を連発、あるいはボール先行でストライクを取りにいった甘い球を狙われている。これまでも4試合中、3試合で先制点を取られている。

 評論家の山崎裕之氏は「野手が打てないのも無理はありませんよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る