打率4割超! 阪神・江越の覚醒に金本監督のシンプル指導

公開日:  更新日:

「2打席続けて三振していたので、後ろにつなごうと思った」

 大卒2年目の江越大賀(23)が14日のDeNA戦で決勝の二塁打を放ち、お立ち台で笑顔を見せた。

 六回1死一、三塁。相手投手は駒大の1年後輩である新人左腕の今永。2ストライクに追い込まれると、後輩相手にプライドを捨ててバットを短く持った。

 それでもパワーは十分だった。外角高めに浮いたストレートを強く振りぬくと、打球は逆方向にグングン伸びて右翼フェンスを直撃。「チルドレン」の殊勲打に金本監督は、「バットを短く持つ工夫が結果につながった。成長を感じる」と、目を細めた。

 代打で今季1号本塁打を放った3日のDeNA戦からアーチを量産。8日の広島戦からスタメンに抜擢されると2戦連続で本塁打を放った。10日からは3番に昇格し、5戦連続安打をマーク。打率・440、4本塁打、8打点の大活躍である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る