• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率4割超! 阪神・江越の覚醒に金本監督のシンプル指導

「2打席続けて三振していたので、後ろにつなごうと思った」

 大卒2年目の江越大賀(23)が14日のDeNA戦で決勝の二塁打を放ち、お立ち台で笑顔を見せた。

 六回1死一、三塁。相手投手は駒大の1年後輩である新人左腕の今永。2ストライクに追い込まれると、後輩相手にプライドを捨ててバットを短く持った。

 それでもパワーは十分だった。外角高めに浮いたストレートを強く振りぬくと、打球は逆方向にグングン伸びて右翼フェンスを直撃。「チルドレン」の殊勲打に金本監督は、「バットを短く持つ工夫が結果につながった。成長を感じる」と、目を細めた。

 代打で今季1号本塁打を放った3日のDeNA戦からアーチを量産。8日の広島戦からスタメンに抜擢されると2戦連続で本塁打を放った。10日からは3番に昇格し、5戦連続安打をマーク。打率・440、4本塁打、8打点の大活躍である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る