• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率4割超! 阪神・江越の覚醒に金本監督のシンプル指導

「2打席続けて三振していたので、後ろにつなごうと思った」

 大卒2年目の江越大賀(23)が14日のDeNA戦で決勝の二塁打を放ち、お立ち台で笑顔を見せた。

 六回1死一、三塁。相手投手は駒大の1年後輩である新人左腕の今永。2ストライクに追い込まれると、後輩相手にプライドを捨ててバットを短く持った。

 それでもパワーは十分だった。外角高めに浮いたストレートを強く振りぬくと、打球は逆方向にグングン伸びて右翼フェンスを直撃。「チルドレン」の殊勲打に金本監督は、「バットを短く持つ工夫が結果につながった。成長を感じる」と、目を細めた。

 代打で今季1号本塁打を放った3日のDeNA戦からアーチを量産。8日の広島戦からスタメンに抜擢されると2戦連続で本塁打を放った。10日からは3番に昇格し、5戦連続安打をマーク。打率・440、4本塁打、8打点の大活躍である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る