阪神3連勝も一人元気なし…鳥谷を追い込む“主将の重荷”

公開日: 更新日:

「まだ4試合とはいえ、ちょっと気になるな」

 こう言って顔を曇らせたのは阪神OBだ。

 29日の阪神は、先発藤浪があと1人で完投こそ逃したが、ヤクルト打線を2失点に抑えチームは3連勝。ほとんどの選手がハツラツとしている中で、ひとり元気がないのが鳥谷敬(34)だ。この日は2つ四球を選ぶも2三振の3タコ。ここまでのヒットは、26日の中日戦での2本だけだ。

 昨秋就任したばかりの金本新監督から、「キャプテンのおまえが変わらなければチームは変わらない。今のままでは全部ダメだ」と言われ、当初は悩み苦しんだ。ところがキャンプインすると、シートノックで声を張り上げたり、特守に飛び入り参加するなど、苦手なムードメーカーを積極的にこなした。

「ミスした若手をからかって場を盛り上げるなど、あんなに明るい鳥谷を見たのは初めてだ。だけど、本来はクールな男だからな。金本監督から苦言を呈され、無理に明るく振る舞っていたこともあったと思う。慣れないことをやれば誰でも疲れるし、ストレスもたまる。そのツケが出ているのかな。公式戦はムードメーカーではなく、自分の成績を優先するべき。自分のスタイルでやるのが一番だよ」(前出のOB)

 鳥谷が「開幕」したら、阪神はもっと強くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る