不甲斐ない大谷をなぜ擁護? ハム栗山監督の大きな筋違い

公開日:  更新日:

「勝てる流れをつくっていたけど……勝たせてあげられなかった。申し訳ない」

 試合後、栗山監督が神妙な顔でエースに謝罪した。

 24日のソフトバンク。今季5度目の登板となった日本ハムの大谷翔平(21)は4点リードの七回途中、今季初勝利の権利を持ってマウンドを降りた。が、ここから試合が暗転。リリーフ陣が打ち込まれ、サヨナラ負けでまたも勝ち星を手にすることができなかった。

 これで開幕5試合白星なし。栗山監督は自身の継投策が原因かのように頭を下げたが、この日に限っては筋違いもいいところ。試合をぶち壊したのは、大谷自身の投球に他ならない。

 確かに過去4試合は野手の援護に恵まれず、援護点は2点、3点、0点、1点。孤軍奮闘といっても過言ではなかった。それがこの日は打線が奮起し、五回に一挙4点。六回にも1点を追加し、久々の大量援護をもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る