• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不甲斐ない大谷をなぜ擁護? ハム栗山監督の大きな筋違い

「勝てる流れをつくっていたけど……勝たせてあげられなかった。申し訳ない」

 試合後、栗山監督が神妙な顔でエースに謝罪した。

 24日のソフトバンク。今季5度目の登板となった日本ハムの大谷翔平(21)は4点リードの七回途中、今季初勝利の権利を持ってマウンドを降りた。が、ここから試合が暗転。リリーフ陣が打ち込まれ、サヨナラ負けでまたも勝ち星を手にすることができなかった。

 これで開幕5試合白星なし。栗山監督は自身の継投策が原因かのように頭を下げたが、この日に限っては筋違いもいいところ。試合をぶち壊したのは、大谷自身の投球に他ならない。

 確かに過去4試合は野手の援護に恵まれず、援護点は2点、3点、0点、1点。孤軍奮闘といっても過言ではなかった。それがこの日は打線が奮起し、五回に一挙4点。六回にも1点を追加し、久々の大量援護をもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る