不甲斐ない大谷をなぜ擁護? ハム栗山監督の大きな筋違い

公開日:  更新日:

「勝てる流れをつくっていたけど……勝たせてあげられなかった。申し訳ない」

 試合後、栗山監督が神妙な顔でエースに謝罪した。

 24日のソフトバンク。今季5度目の登板となった日本ハムの大谷翔平(21)は4点リードの七回途中、今季初勝利の権利を持ってマウンドを降りた。が、ここから試合が暗転。リリーフ陣が打ち込まれ、サヨナラ負けでまたも勝ち星を手にすることができなかった。

 これで開幕5試合白星なし。栗山監督は自身の継投策が原因かのように頭を下げたが、この日に限っては筋違いもいいところ。試合をぶち壊したのは、大谷自身の投球に他ならない。

 確かに過去4試合は野手の援護に恵まれず、援護点は2点、3点、0点、1点。孤軍奮闘といっても過言ではなかった。それがこの日は打線が奮起し、五回に一挙4点。六回にも1点を追加し、久々の大量援護をもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る