貧打のパドレスに“サイン盗み”疑惑 敵捕手が猛アピール

公開日: 更新日:

 ナ・リーグの試合で不正疑惑が持ち上がっている。

 24日(日本時間25日)にカリフォルニア州サンディエゴで行われたパドレス―カージナルス戦でサイン盗みが行われたというのだ。25日(日本時間26日)のCBSスポーツ(電子版)が伝えている。

 記事によれば、問題となったのは5-8と3点を追うパドレスの九回裏の攻撃中。カージナルスのモリーナ捕手が中堅スタンドでパドレスのマークの付いたシャツを着て首から双眼鏡のようなものを下げた一人の男性を確認。ベテラン捕手は中堅スタンドからサインを盗まれたと球審にアピールしたという。

 ここまでパドレスは打線が湿りがちで、チーム打率2割3分5厘はリーグ12位。貧打解消に「のぞき」をやり始めたか。試合もそのまま5-8で敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

もっと見る