貧打のパドレスに“サイン盗み”疑惑 敵捕手が猛アピール

公開日:  更新日:

 ナ・リーグの試合で不正疑惑が持ち上がっている。

 24日(日本時間25日)にカリフォルニア州サンディエゴで行われたパドレス―カージナルス戦でサイン盗みが行われたというのだ。25日(日本時間26日)のCBSスポーツ(電子版)が伝えている。

 記事によれば、問題となったのは5-8と3点を追うパドレスの九回裏の攻撃中。カージナルスのモリーナ捕手が中堅スタンドでパドレスのマークの付いたシャツを着て首から双眼鏡のようなものを下げた一人の男性を確認。ベテラン捕手は中堅スタンドからサインを盗まれたと球審にアピールしたという。

 ここまでパドレスは打線が湿りがちで、チーム打率2割3分5厘はリーグ12位。貧打解消に「のぞき」をやり始めたか。試合もそのまま5-8で敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る