貧打のパドレスに“サイン盗み”疑惑 敵捕手が猛アピール

公開日:  更新日:

 ナ・リーグの試合で不正疑惑が持ち上がっている。

 24日(日本時間25日)にカリフォルニア州サンディエゴで行われたパドレス―カージナルス戦でサイン盗みが行われたというのだ。25日(日本時間26日)のCBSスポーツ(電子版)が伝えている。

 記事によれば、問題となったのは5-8と3点を追うパドレスの九回裏の攻撃中。カージナルスのモリーナ捕手が中堅スタンドでパドレスのマークの付いたシャツを着て首から双眼鏡のようなものを下げた一人の男性を確認。ベテラン捕手は中堅スタンドからサインを盗まれたと球審にアピールしたという。

 ここまでパドレスは打線が湿りがちで、チーム打率2割3分5厘はリーグ12位。貧打解消に「のぞき」をやり始めたか。試合もそのまま5-8で敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る