• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打のパドレスに“サイン盗み”疑惑 敵捕手が猛アピール

 ナ・リーグの試合で不正疑惑が持ち上がっている。

 24日(日本時間25日)にカリフォルニア州サンディエゴで行われたパドレス―カージナルス戦でサイン盗みが行われたというのだ。25日(日本時間26日)のCBSスポーツ(電子版)が伝えている。

 記事によれば、問題となったのは5-8と3点を追うパドレスの九回裏の攻撃中。カージナルスのモリーナ捕手が中堅スタンドでパドレスのマークの付いたシャツを着て首から双眼鏡のようなものを下げた一人の男性を確認。ベテラン捕手は中堅スタンドからサインを盗まれたと球審にアピールしたという。

 ここまでパドレスは打線が湿りがちで、チーム打率2割3分5厘はリーグ12位。貧打解消に「のぞき」をやり始めたか。試合もそのまま5-8で敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る