ネットに書き込み続々…WS2連勝のロイヤルズに不正疑惑

公開日:  更新日:

 2年連続ワールドシリーズ進出を果たしたロイヤルズに疑惑の目が向けられている。

 ベンチ、選手が違法行為に手を染めているとの噂があるからだ。ロイヤルズがサヨナラ勝ちを収めた第1戦。試合後、SNS上には複数のメッツファンによる「(正捕手の)ペレスはレガースにマツヤニを塗って投手の不正に手を貸している」といった書き込みが目立った。ペレスはボールに滑り止めのマツヤニを塗って投手に返球していたというのである。

 これをヨスト監督は真っ向から否定。翌第2戦の前の会見では「われわれのチームにインチキする投手などいない。そもそもレガースにマツヤニを塗ってはいけない規則などない」と米メディアを通じて反論した。

 同監督が指摘する通り、MLBの規則でマツヤニの使用を禁じているのは投手だけだ。実際、バットの滑り止めに使用している野手は少なくない。仮にペレスがレガースに塗っていたとしてもMLBからペナルティーは科されないが、不正投球を疑われても仕方がない行為ではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る