• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“第1号”竜ビシエド活躍 あの大物代理人に他球団が熱視線

 24日、中日のビシエドがヤクルト戦の八回に7号満塁弾を放ち、チームを逆転勝ちに導いた。来日初のグランドスラムに「最高のシチュエーションで打てた」とゴキゲンだった新助っ人に、谷繁監督も「一振りで試合を決める4番の仕事」と満足そうだった。

 今季ここまで、打率.366、7本塁打、20打点。打率、本塁打はリーグトップで打点も2位。このビシエドの活躍により、ある大物代理人が注目を集めている。

「スコット・ボラス氏です。氏は160人近い選手を抱え、米フロリダに自前の練習施設を持つ。その施設のマネジャーは、03~08年まで中日、広島でプレーしたアレックス。落合GMが監督時代に選手だったという縁もある。ビシエドはアレックスから日本野球を学んで来日した。中日は、編成を兼務する森ヘッドが13年オフにチームに復帰して以降、太いパイプを持つドミニカルートで直接助っ人を獲得してきただけに、代理人を介した契約自体が異例です」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る