“第1号”竜ビシエド活躍 あの大物代理人に他球団が熱視線

公開日: 更新日:

 24日、中日のビシエドがヤクルト戦の八回に7号満塁弾を放ち、チームを逆転勝ちに導いた。来日初のグランドスラムに「最高のシチュエーションで打てた」とゴキゲンだった新助っ人に、谷繁監督も「一振りで試合を決める4番の仕事」と満足そうだった。

 今季ここまで、打率.366、7本塁打、20打点。打率、本塁打はリーグトップで打点も2位。このビシエドの活躍により、ある大物代理人が注目を集めている。

「スコット・ボラス氏です。氏は160人近い選手を抱え、米フロリダに自前の練習施設を持つ。その施設のマネジャーは、03~08年まで中日、広島でプレーしたアレックス。落合GMが監督時代に選手だったという縁もある。ビシエドはアレックスから日本野球を学んで来日した。中日は、編成を兼務する森ヘッドが13年オフにチームに復帰して以降、太いパイプを持つドミニカルートで直接助っ人を獲得してきただけに、代理人を介した契約自体が異例です」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る