“第1号”竜ビシエド活躍 あの大物代理人に他球団が熱視線

公開日:  更新日:

 24日、中日のビシエドがヤクルト戦の八回に7号満塁弾を放ち、チームを逆転勝ちに導いた。来日初のグランドスラムに「最高のシチュエーションで打てた」とゴキゲンだった新助っ人に、谷繁監督も「一振りで試合を決める4番の仕事」と満足そうだった。

 今季ここまで、打率.366、7本塁打、20打点。打率、本塁打はリーグトップで打点も2位。このビシエドの活躍により、ある大物代理人が注目を集めている。

「スコット・ボラス氏です。氏は160人近い選手を抱え、米フロリダに自前の練習施設を持つ。その施設のマネジャーは、03~08年まで中日、広島でプレーしたアレックス。落合GMが監督時代に選手だったという縁もある。ビシエドはアレックスから日本野球を学んで来日した。中日は、編成を兼務する森ヘッドが13年オフにチームに復帰して以降、太いパイプを持つドミニカルートで直接助っ人を獲得してきただけに、代理人を介した契約自体が異例です」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る