“第1号”竜ビシエド活躍 あの大物代理人に他球団が熱視線

公開日:  更新日:

 24日、中日のビシエドがヤクルト戦の八回に7号満塁弾を放ち、チームを逆転勝ちに導いた。来日初のグランドスラムに「最高のシチュエーションで打てた」とゴキゲンだった新助っ人に、谷繁監督も「一振りで試合を決める4番の仕事」と満足そうだった。

 今季ここまで、打率.366、7本塁打、20打点。打率、本塁打はリーグトップで打点も2位。このビシエドの活躍により、ある大物代理人が注目を集めている。

「スコット・ボラス氏です。氏は160人近い選手を抱え、米フロリダに自前の練習施設を持つ。その施設のマネジャーは、03~08年まで中日、広島でプレーしたアレックス。落合GMが監督時代に選手だったという縁もある。ビシエドはアレックスから日本野球を学んで来日した。中日は、編成を兼務する森ヘッドが13年オフにチームに復帰して以降、太いパイプを持つドミニカルートで直接助っ人を獲得してきただけに、代理人を介した契約自体が異例です」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る