• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泣きながら30kg増…ベイカー茉秋を別人に変えた恩師語る

 米国人の父と日本人の母の間に生まれたベイカー茉秋(21)。中学時代は東京都大会2位が最高。全国的に無名のハーフ選手を育てた、というより、別人に変身させた東海大浦安高時代の恩師・竹内徹監督(56)はこう振り返る。

「入学時は細くてちょうど60キロ。でもパワーがあった。最初に『体重が増えて体が大きくなれば強くなるタイプだよ』と本人に言いました。まずは注目される団体戦のエースにするための増量計画が始まりました」

 1日7食と本格的にウエートトレーニングに取り組んだものの、思うように体重は増えなかった。竹内監督が続ける。

「最初は『いくら食べても大きくならない』と泣いていました。それでも1年生の後半には70キロになって、自発的に食べるようになった。乱取り中におにぎりを食べたりしていました。この頃は120キロの相手を投げられるようになっていて、狙い通りパワーがついてきた。『よし、80キロにしてみようか』と。ベイカーは2年生で寮に入ったのですが、私は寮監で家族で住んでおり、妻がベイカーのために特別におかずだけを作っていました。肉料理だったり、卵料理だったり、麺類が好きだったのでパスタだったり。これを寮の食事と一緒に食べるんです。それは凄い量ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る