泣きながら30kg増…ベイカー茉秋を別人に変えた恩師語る

公開日:  更新日:

 米国人の父と日本人の母の間に生まれたベイカー茉秋(21)。中学時代は東京都大会2位が最高。全国的に無名のハーフ選手を育てた、というより、別人に変身させた東海大浦安高時代の恩師・竹内徹監督(56)はこう振り返る。

「入学時は細くてちょうど60キロ。でもパワーがあった。最初に『体重が増えて体が大きくなれば強くなるタイプだよ』と本人に言いました。まずは注目される団体戦のエースにするための増量計画が始まりました」

 1日7食と本格的にウエートトレーニングに取り組んだものの、思うように体重は増えなかった。竹内監督が続ける。

「最初は『いくら食べても大きくならない』と泣いていました。それでも1年生の後半には70キロになって、自発的に食べるようになった。乱取り中におにぎりを食べたりしていました。この頃は120キロの相手を投げられるようになっていて、狙い通りパワーがついてきた。『よし、80キロにしてみようか』と。ベイカーは2年生で寮に入ったのですが、私は寮監で家族で住んでおり、妻がベイカーのために特別におかずだけを作っていました。肉料理だったり、卵料理だったり、麺類が好きだったのでパスタだったり。これを寮の食事と一緒に食べるんです。それは凄い量ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る