泣きながら30kg増…ベイカー茉秋を別人に変えた恩師語る

公開日: 更新日:

 米国人の父と日本人の母の間に生まれたベイカー茉秋(21)。中学時代は東京都大会2位が最高。全国的に無名のハーフ選手を育てた、というより、別人に変身させた東海大浦安高時代の恩師・竹内徹監督(56)はこう振り返る。

「入学時は細くてちょうど60キロ。でもパワーがあった。最初に『体重が増えて体が大きくなれば強くなるタイプだよ』と本人に言いました。まずは注目される団体戦のエースにするための増量計画が始まりました」

 1日7食と本格的にウエートトレーニングに取り組んだものの、思うように体重は増えなかった。竹内監督が続ける。

「最初は『いくら食べても大きくならない』と泣いていました。それでも1年生の後半には70キロになって、自発的に食べるようになった。乱取り中におにぎりを食べたりしていました。この頃は120キロの相手を投げられるようになっていて、狙い通りパワーがついてきた。『よし、80キロにしてみようか』と。ベイカーは2年生で寮に入ったのですが、私は寮監で家族で住んでおり、妻がベイカーのために特別におかずだけを作っていました。肉料理だったり、卵料理だったり、麺類が好きだったのでパスタだったり。これを寮の食事と一緒に食べるんです。それは凄い量ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  6. 6

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る