• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内股炸裂! 「井上康生2世」羽賀龍之介がリオ重量級牽引

 柔道大国復活となるか。

 柔道グランドスラム東京大会最終日の6日、男子100キロ級で羽賀龍之介(24)が初優勝を飾った。内股を武器に勝ち進むと、準決勝では同級世界ランク1位のガシモフ(アゼルバイジャン)からも内股で一本勝ちを収めた。

 男子柔道は初の金メダルゼロに終わったロンドン五輪後、井上康生監督の指導で再出発。その後も柔道連盟の不祥事などに巻き込まれながら、壊滅的だった重量級を立て直すことに成功しつつある。羽賀はそんな井上体制を代表する選手といっていいだろう。

 同じく柔道選手で講道館杯の優勝経験のある父と、競泳で国体に出場したこともある母との間に生まれたサラブレッド。東海大相模高1年時には、金鷲旗で史上初となる20人抜きも達成した。内股が得意だったことから「井上康生2世」と呼ばれ、今年の世界選手権でも金メダルを獲得している。

 来年のリオ五輪の選考会となるグランドスラム東京を制した羽賀。代表入りはほぼ手中にしたようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る