内股炸裂! 「井上康生2世」羽賀龍之介がリオ重量級牽引

公開日:  更新日:

 柔道大国復活となるか。

 柔道グランドスラム東京大会最終日の6日、男子100キロ級で羽賀龍之介(24)が初優勝を飾った。内股を武器に勝ち進むと、準決勝では同級世界ランク1位のガシモフ(アゼルバイジャン)からも内股で一本勝ちを収めた。

 男子柔道は初の金メダルゼロに終わったロンドン五輪後、井上康生監督の指導で再出発。その後も柔道連盟の不祥事などに巻き込まれながら、壊滅的だった重量級を立て直すことに成功しつつある。羽賀はそんな井上体制を代表する選手といっていいだろう。

 同じく柔道選手で講道館杯の優勝経験のある父と、競泳で国体に出場したこともある母との間に生まれたサラブレッド。東海大相模高1年時には、金鷲旗で史上初となる20人抜きも達成した。内股が得意だったことから「井上康生2世」と呼ばれ、今年の世界選手権でも金メダルを獲得している。

 来年のリオ五輪の選考会となるグランドスラム東京を制した羽賀。代表入りはほぼ手中にしたようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る