他競技に波及するか 柔道がリオ代表選考会を「公開」に

公開日: 更新日:

 全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕強化委員長は16日、リオ五輪男女14階級の代表選考を行う強化委員会を報道陣に公開すると発表した。昨年の世界選手権の代表選考も公開したが、注目度では比較にならない五輪の代表選考の透明性を高めることが目的だという。

 山下委員長は、「いかに真剣に、公正に選んでいるか。柔道界がいい方向に変わろうとしていることを世間に伝えたい」と言ったが、過去には物議をかもした代表選考があった。

 例えば、08年の北京五輪前年の全日本体重別選手権の48キロ級決勝で福見友子が、出産のため2年ぶりの復帰となった谷亮子に勝って優勝。しかし全柔連は、谷の実績を重視して07年世界選手権代表には選ばず、福見の北京五輪出場の夢は消えた。

 今回は、男女12階級を決める全日本選抜体重別(4月2、3日)、最重量級を選ぶ17日の全日本女子選手権と29日の全日本選手権後の強化委員会で代表選考を行うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る