• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他競技に波及するか 柔道がリオ代表選考会を「公開」に

 全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕強化委員長は16日、リオ五輪男女14階級の代表選考を行う強化委員会を報道陣に公開すると発表した。昨年の世界選手権の代表選考も公開したが、注目度では比較にならない五輪の代表選考の透明性を高めることが目的だという。

 山下委員長は、「いかに真剣に、公正に選んでいるか。柔道界がいい方向に変わろうとしていることを世間に伝えたい」と言ったが、過去には物議をかもした代表選考があった。

 例えば、08年の北京五輪前年の全日本体重別選手権の48キロ級決勝で福見友子が、出産のため2年ぶりの復帰となった谷亮子に勝って優勝。しかし全柔連は、谷の実績を重視して07年世界選手権代表には選ばず、福見の北京五輪出場の夢は消えた。

 今回は、男女12階級を決める全日本選抜体重別(4月2、3日)、最重量級を選ぶ17日の全日本女子選手権と29日の全日本選手権後の強化委員会で代表選考を行うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る