王者怪我でリオ欠場か 日本柔道「最重量級」に復活の目

公開日:  更新日:

 男子柔道の絶対王者が今年8月開幕のリオ五輪を欠場する可能性が出てきた。

 フランス柔道連盟は2日(日本時間3日)、ロンドン五輪100キロ超級金メダルのテディ・リネール(26)が肩の故障で、6日開幕のグランドスラム(GS)・パリ大会を欠場すると発表した。8度の世界選手権優勝を誇るリネールはリオでの連覇を目指して1月にトレーニングを再開。GSパリ大会に向けて順調な仕上がりぶりを見せていたそうだが、2月に入って痛めたとみられる。

 今後は4月下旬の欧州選手権での復帰を予定しているものの、リネールはロンドン五輪以降、両肩痛に悩まされている。国際柔道連盟(IJF)ポイントランキングは2950ポイントを獲得してトップに立っており、リオの出場資格は満たしているが、患部の回復次第では欠場を強いられる。

 日本伝統の最重量階級は100キロ超級に変更された00年シドニー五輪以降、3大会連続でメダルを獲得。北京では石井慧が金を獲得したが、前回のロンドンでは上川大樹が2回戦で敗退し、表彰台にすら上がれなかった。

 同階級の日本代表候補は七戸龍(27)、原沢久喜(23)の2人。両者ともリネールの前に何度となく畳に沈められてきた。

 絶対王者が欠場なら日本勢には金メダル取りが義務付けられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る