王者怪我でリオ欠場か 日本柔道「最重量級」に復活の目

公開日: 更新日:

 男子柔道の絶対王者が今年8月開幕のリオ五輪を欠場する可能性が出てきた。

 フランス柔道連盟は2日(日本時間3日)、ロンドン五輪100キロ超級金メダルのテディ・リネール(26)が肩の故障で、6日開幕のグランドスラム(GS)・パリ大会を欠場すると発表した。8度の世界選手権優勝を誇るリネールはリオでの連覇を目指して1月にトレーニングを再開。GSパリ大会に向けて順調な仕上がりぶりを見せていたそうだが、2月に入って痛めたとみられる。

 今後は4月下旬の欧州選手権での復帰を予定しているものの、リネールはロンドン五輪以降、両肩痛に悩まされている。国際柔道連盟(IJF)ポイントランキングは2950ポイントを獲得してトップに立っており、リオの出場資格は満たしているが、患部の回復次第では欠場を強いられる。

 日本伝統の最重量階級は100キロ超級に変更された00年シドニー五輪以降、3大会連続でメダルを獲得。北京では石井慧が金を獲得したが、前回のロンドンでは上川大樹が2回戦で敗退し、表彰台にすら上がれなかった。

 同階級の日本代表候補は七戸龍(27)、原沢久喜(23)の2人。両者ともリネールの前に何度となく畳に沈められてきた。

 絶対王者が欠場なら日本勢には金メダル取りが義務付けられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る