リオは決勝目標か 15歳スイマー池江瑠花子に世界の厚い壁

公開日: 更新日:

「リオは2020年に向けた予行練習」――そんな声もある。

 東京五輪では複数種目での出場を目指す池江瑠花子(15)は今回、個人種目では100メートルバタフライで代表入り。昨年10月のW杯東京大会では、同種目で加藤ゆかが08年9月に記録した57秒77を0秒21更新する57秒56の日本新記録を樹立。さらに先の日本選手権準決勝では、57秒55をマークし自身の持つナショナルレコードを塗り替えた。

 成長著しい女子高生スイマーは、そのルックスとともにリオでのメダル取りに注目を集めているが、現実的に表彰台は厳しい。過去、女子バタフライの日本勢は五輪で苦戦しており、72年ミュンヘン大会で青木まゆみが金を獲得したのみ。大会前の下馬評ではメダル候補に挙げられながら、期待を裏切った選手は少なくなかった。

「北京、ロンドンでは当時の日本記録保持者だった加藤も決勝には進めなかった。池江も決勝進出が現実的な目標になるでしょう。海外勢には50メートル(24秒43)、100メートル(55秒64)の2種目で世界記録を持つサラ・ショーストレム(スウェーデン)ら強豪が揃っています。池江は決勝まで勝ち残り、海外のトップスイマーにどこまで食らいつく泳ぎができるか」(スポーツライター・折山淑美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  6. 6

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る