リオは決勝目標か 15歳スイマー池江瑠花子に世界の厚い壁

公開日:  更新日:

「リオは2020年に向けた予行練習」――そんな声もある。

 東京五輪では複数種目での出場を目指す池江瑠花子(15)は今回、個人種目では100メートルバタフライで代表入り。昨年10月のW杯東京大会では、同種目で加藤ゆかが08年9月に記録した57秒77を0秒21更新する57秒56の日本新記録を樹立。さらに先の日本選手権準決勝では、57秒55をマークし自身の持つナショナルレコードを塗り替えた。

 成長著しい女子高生スイマーは、そのルックスとともにリオでのメダル取りに注目を集めているが、現実的に表彰台は厳しい。過去、女子バタフライの日本勢は五輪で苦戦しており、72年ミュンヘン大会で青木まゆみが金を獲得したのみ。大会前の下馬評ではメダル候補に挙げられながら、期待を裏切った選手は少なくなかった。

「北京、ロンドンでは当時の日本記録保持者だった加藤も決勝には進めなかった。池江も決勝進出が現実的な目標になるでしょう。海外勢には50メートル(24秒43)、100メートル(55秒64)の2種目で世界記録を持つサラ・ショーストレム(スウェーデン)ら強豪が揃っています。池江は決勝まで勝ち残り、海外のトップスイマーにどこまで食らいつく泳ぎができるか」(スポーツライター・折山淑美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る