男子100m平は代表ゼロ 厳格選考崩さない日本水連の自信

公開日:  更新日:

 厳しい結果だった。

 5大会連続の五輪出場を狙った北島康介(33)は、100メートル平泳ぎ決勝で59秒93の2位。準決勝では、北島1人だけ突破した派遣標準記録(59秒63)をクリアできず、この種目での代表入りは逃した。タイムについての感想を聞かれた北島は「ハー」とひと息ついてから「イヤー……言葉にならないですね」と、どうにか声を絞りだし、こう続けた。

「この緊張感を味方につけられず力を発揮できなかったのは自分のせい。気持ちを切り替えて200メートル(7日予選、8日決勝)で代表権を取れるように頑張ります」

 北島が北京五輪の同種目で連覇を成し遂げた時、「何も言えねえ……」と吠えたシーンは多くの人の脳裏に焼きついている。平泳ぎの元王者は今回、派遣記録に0秒3届かず代表入りを逃したが、北島以上に悔しい思いをしたのは、3連覇した小関也朱篤(24)だろう。59秒66の優勝タイムは、派遣標準記録にたった100分の3秒届かなかった。つまり、リオ五輪男子100メートル平泳ぎの日本代表はゼロということになる。

 日本水泳連盟の選考基準には賛否あるものの、メダルが狙えるレベルの派遣標準記録を厳守することが、前回のロンドンで史上最多の11個のメダルとなったことは否定できない。男子マラソンの“大甘選考”とは大違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る