男子100m平は代表ゼロ 厳格選考崩さない日本水連の自信

公開日: 更新日:

 厳しい結果だった。

 5大会連続の五輪出場を狙った北島康介(33)は、100メートル平泳ぎ決勝で59秒93の2位。準決勝では、北島1人だけ突破した派遣標準記録(59秒63)をクリアできず、この種目での代表入りは逃した。タイムについての感想を聞かれた北島は「ハー」とひと息ついてから「イヤー……言葉にならないですね」と、どうにか声を絞りだし、こう続けた。

「この緊張感を味方につけられず力を発揮できなかったのは自分のせい。気持ちを切り替えて200メートル(7日予選、8日決勝)で代表権を取れるように頑張ります」

 北島が北京五輪の同種目で連覇を成し遂げた時、「何も言えねえ……」と吠えたシーンは多くの人の脳裏に焼きついている。平泳ぎの元王者は今回、派遣記録に0秒3届かず代表入りを逃したが、北島以上に悔しい思いをしたのは、3連覇した小関也朱篤(24)だろう。59秒66の優勝タイムは、派遣標準記録にたった100分の3秒届かなかった。つまり、リオ五輪男子100メートル平泳ぎの日本代表はゼロということになる。

 日本水泳連盟の選考基準には賛否あるものの、メダルが狙えるレベルの派遣標準記録を厳守することが、前回のロンドンで史上最多の11個のメダルとなったことは否定できない。男子マラソンの“大甘選考”とは大違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る