男子100m平は代表ゼロ 厳格選考崩さない日本水連の自信

公開日: 更新日:

 厳しい結果だった。

 5大会連続の五輪出場を狙った北島康介(33)は、100メートル平泳ぎ決勝で59秒93の2位。準決勝では、北島1人だけ突破した派遣標準記録(59秒63)をクリアできず、この種目での代表入りは逃した。タイムについての感想を聞かれた北島は「ハー」とひと息ついてから「イヤー……言葉にならないですね」と、どうにか声を絞りだし、こう続けた。

「この緊張感を味方につけられず力を発揮できなかったのは自分のせい。気持ちを切り替えて200メートル(7日予選、8日決勝)で代表権を取れるように頑張ります」

 北島が北京五輪の同種目で連覇を成し遂げた時、「何も言えねえ……」と吠えたシーンは多くの人の脳裏に焼きついている。平泳ぎの元王者は今回、派遣記録に0秒3届かず代表入りを逃したが、北島以上に悔しい思いをしたのは、3連覇した小関也朱篤(24)だろう。59秒66の優勝タイムは、派遣標準記録にたった100分の3秒届かなかった。つまり、リオ五輪男子100メートル平泳ぎの日本代表はゼロということになる。

 日本水泳連盟の選考基準には賛否あるものの、メダルが狙えるレベルの派遣標準記録を厳守することが、前回のロンドンで史上最多の11個のメダルとなったことは否定できない。男子マラソンの“大甘選考”とは大違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ