柔軟采配の金本阪神 「超変革」は歴代監督が“反面教師”

公開日: 更新日:

 借金こそないが、いまひとつ波に乗れず4位にいる阪神だが、今季は若い選手が次々に出てきてベンチワークも変化に富んでいる。

 9日には、4月15日に支配下登録されたばかりの4年目右腕、田面巧二郎(25)が、10日に一軍に昇格することが決まった。

「育成あがり」と言えば、6試合連続で先発マスクをかぶっている7年目の原口文仁も、一度は育成契約になり先月支配下に復帰したばかり。田面や原口は、掛布二軍監督がベタ褒めしていた選手だ。

「今は一軍と二軍の風通しがいいからね」と、あるOBがこう解説する。

「金本監督は、二軍に生きのいい選手がいたら積極的に使う。おそらくそれは、野村監督時代の失敗を教訓にしているのだろう。ノムさんは、二軍監督の岡田が『この選手は今が旬です。使ってください』と推薦してもソッポを向いていた。それで二軍選手は腐っていた。当時、広島にいた金本監督もそれは知っている。それにしても、ここまでの言動を見ていると、金本監督が反面教師にしているのはノムさんだけではない気がするね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る