柔軟采配の金本阪神 「超変革」は歴代監督が“反面教師”

公開日: 更新日:

 借金こそないが、いまひとつ波に乗れず4位にいる阪神だが、今季は若い選手が次々に出てきてベンチワークも変化に富んでいる。

 9日には、4月15日に支配下登録されたばかりの4年目右腕、田面巧二郎(25)が、10日に一軍に昇格することが決まった。

「育成あがり」と言えば、6試合連続で先発マスクをかぶっている7年目の原口文仁も、一度は育成契約になり先月支配下に復帰したばかり。田面や原口は、掛布二軍監督がベタ褒めしていた選手だ。

「今は一軍と二軍の風通しがいいからね」と、あるOBがこう解説する。

「金本監督は、二軍に生きのいい選手がいたら積極的に使う。おそらくそれは、野村監督時代の失敗を教訓にしているのだろう。ノムさんは、二軍監督の岡田が『この選手は今が旬です。使ってください』と推薦してもソッポを向いていた。それで二軍選手は腐っていた。当時、広島にいた金本監督もそれは知っている。それにしても、ここまでの言動を見ていると、金本監督が反面教師にしているのはノムさんだけではない気がするね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る