育成そっちのけ ラグビー日本代表候補に透ける“拝金主義”

公開日:  更新日:

 昨年のメンバーと顔ぶれに大差はなかった。

 ラグビー協会は10日、6月に計3試合行うカナダ代表戦、スコットランド代表戦の日本代表候補43人を発表。昨年のW杯で得点源となったFB五郎丸歩(30=現レッズ)、主将を務めたリーチ・マイケル(27=現チーフス)ら昨年のW杯メンバーから19人が候補に名を連ねた。

 今年2月に就任したジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)に代わって指揮を執るマーク・ハメット・サンウルブズHCは人選について「19年日本W杯に向けた強化の第一歩」と説明したが、3年後の主力を担うはずの世代からは4人の大学生が入っただけだった。

 昨年のW杯メンバーが中心なのは、ジョセフHCの方針もあったとはいえ、ラグビー協会が集客をアテにしたともっぱら。W杯史上初の3勝をマークした代表選手が出場しなければ、チケットの売れ行きに影響しかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る