• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

育成そっちのけ ラグビー日本代表候補に透ける“拝金主義”

 昨年のメンバーと顔ぶれに大差はなかった。

 ラグビー協会は10日、6月に計3試合行うカナダ代表戦、スコットランド代表戦の日本代表候補43人を発表。昨年のW杯で得点源となったFB五郎丸歩(30=現レッズ)、主将を務めたリーチ・マイケル(27=現チーフス)ら昨年のW杯メンバーから19人が候補に名を連ねた。

 今年2月に就任したジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)に代わって指揮を執るマーク・ハメット・サンウルブズHCは人選について「19年日本W杯に向けた強化の第一歩」と説明したが、3年後の主力を担うはずの世代からは4人の大学生が入っただけだった。

 昨年のW杯メンバーが中心なのは、ジョセフHCの方針もあったとはいえ、ラグビー協会が集客をアテにしたともっぱら。W杯史上初の3勝をマークした代表選手が出場しなければ、チケットの売れ行きに影響しかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る