ラグビー日本ジョセフ新HCはNZ選手も逃げ出す“鬼軍曹”

公開日:  更新日:

 練習量は前ヘッドコーチ(HC)以上だという。

 日本ラグビー協会は1日、19年日本W杯、20年東京五輪に向けた強化体制を発表。今季は日本代表戦をこれまでの12試合から18試合に増やし、今年から参戦が決まっているスーパーラグビーと合わせ、次回W杯での4強入りを目標に強化を図る。

 すでにHCには元ニュージーランド(NZ)代表で「マオリ・オールブラックス」などを指揮したジェイミー・ジョセフ氏(46、現NZハイランダーズHC=顔写真)が就任。NZ協会との契約は今季のスーパーラグビーが終了する8月まで残っているため、来日は9月になる予定だ。

 昨季、ハイランダーズを優勝に導いた手腕が高く評価されているジョセフ氏は、地元NZでは鬼軍曹の異名を持つ。

 本場NZで指導者経験を積んできたが、選手に課す練習量が多いことで有名なのだ。ジョセフ氏が率いるハイランダーズで3年間、プレーした日本代表SH田中史朗は「選手には妥協を許さず、練習での追い込み方は(前日本代表HC)エディー以上」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る