ラグビー日本ジョセフ新HCはNZ選手も逃げ出す“鬼軍曹”

公開日: 更新日:

 練習量は前ヘッドコーチ(HC)以上だという。

 日本ラグビー協会は1日、19年日本W杯、20年東京五輪に向けた強化体制を発表。今季は日本代表戦をこれまでの12試合から18試合に増やし、今年から参戦が決まっているスーパーラグビーと合わせ、次回W杯での4強入りを目標に強化を図る。

 すでにHCには元ニュージーランド(NZ)代表で「マオリ・オールブラックス」などを指揮したジェイミー・ジョセフ氏(46、現NZハイランダーズHC=顔写真)が就任。NZ協会との契約は今季のスーパーラグビーが終了する8月まで残っているため、来日は9月になる予定だ。

 昨季、ハイランダーズを優勝に導いた手腕が高く評価されているジョセフ氏は、地元NZでは鬼軍曹の異名を持つ。

 本場NZで指導者経験を積んできたが、選手に課す練習量が多いことで有名なのだ。ジョセフ氏が率いるハイランダーズで3年間、プレーした日本代表SH田中史朗は「選手には妥協を許さず、練習での追い込み方は(前日本代表HC)エディー以上」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  8. 8

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    オスカー退所の剛力彩芽に復活の兆し セレブが板に付いた

もっと見る