• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビー日本ジョセフ新HCはNZ選手も逃げ出す“鬼軍曹”

 練習量は前ヘッドコーチ(HC)以上だという。

 日本ラグビー協会は1日、19年日本W杯、20年東京五輪に向けた強化体制を発表。今季は日本代表戦をこれまでの12試合から18試合に増やし、今年から参戦が決まっているスーパーラグビーと合わせ、次回W杯での4強入りを目標に強化を図る。

 すでにHCには元ニュージーランド(NZ)代表で「マオリ・オールブラックス」などを指揮したジェイミー・ジョセフ氏(46、現NZハイランダーズHC=顔写真)が就任。NZ協会との契約は今季のスーパーラグビーが終了する8月まで残っているため、来日は9月になる予定だ。

 昨季、ハイランダーズを優勝に導いた手腕が高く評価されているジョセフ氏は、地元NZでは鬼軍曹の異名を持つ。

 本場NZで指導者経験を積んできたが、選手に課す練習量が多いことで有名なのだ。ジョセフ氏が率いるハイランダーズで3年間、プレーした日本代表SH田中史朗は「選手には妥協を許さず、練習での追い込み方は(前日本代表HC)エディー以上」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る