本業専念検討も打撃好調 指揮官悩ます日ハム大谷の“処遇”

公開日: 更新日:

 日本ハムの栗山監督が相も変わらず、大谷(21)に辛口だ。

 4戦連続本塁打となる7号2ランで勝利に貢献したオリックス戦(11日)の試合後も、「つまっても、もっていけるけど、もっともっと打てるはず。現状に甘んじては困るし、どこに投げたらいけないのかとか、マウンド上でどう生かせるかだよね」と、4試合連発よりむしろ、エースとしてまだ1勝しかしていない現状を嘆いているようなのだ。

 栗山監督は大谷の二刀流に関して、本分はあくまで勝敗に直結する投手だと考えている。親しい人には「投手として結果が出ない限り、野手として使わない」と言ったこともあるという。

「栗山監督は好調な打撃と不調な投球には、因果関係があると思っているようです」と、さる日本ハムOBがこう言った。

「投げる方がさっぱりの理由は練習不足。今季は野手としての出場が続いていて疲労困憊、不足している走り込みをさせようにもできない状態が続いているといいます。オフの間に大きくなった体も、最近はめっきり筋肉が落ち、小さくなったという指摘もある。コンディショニングやトレーニング担当のコーチたちも、さすがに頭を抱えているらしい。首脳陣の間では強制休養も検討されたほどですが、何しろ打ちまくってますからね。4番を打つ中田の状態が悪いだけに、なおさら休ませるわけにもいかないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る