• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃好調も投手低迷…ハム大谷が模索すべきは“新二刀流”

 メジャーにマイク・ハンプトンという左投げ右打ちの投手がいた。1993~2010年にかけて、アストロズ、メッツ、ロッキーズ、ブレーブスといったナ・リーグの球団を主戦場とし、通算148勝115敗。10年に引退し、現在はマリナーズのブルペンコーチを務めている。

 このハンプトンが凄かったのは投球だけではない。ナ・リーグはDHがないため自ら打席に立つことも多く、バットを持たせれば打者顔負け。01年のシーズン7本塁打は投手としてリーグ最多タイ記録だ。99年から03年までシルバースラッガー賞を連続受賞し、通算打率・246、16本塁打、79打点。しかも29試合に代打出場している。

 二刀流を掲げる日本ハムの大谷翔平(21)が目指すべきは、このハンプトンではないか。もっか打率3割、3本塁打、10打点。3本塁打はいずれも逆方向で、逆転3ランを打った27日の試合後は、「(打球は)勝手に飛ぶので。内角に来た時も、払える余裕さえあれば引っ張る必要はない」と豪語している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る