打撃好調も投手低迷…ハム大谷が模索すべきは“新二刀流”

公開日: 更新日:

 メジャーにマイク・ハンプトンという左投げ右打ちの投手がいた。1993~2010年にかけて、アストロズ、メッツ、ロッキーズ、ブレーブスといったナ・リーグの球団を主戦場とし、通算148勝115敗。10年に引退し、現在はマリナーズのブルペンコーチを務めている。

 このハンプトンが凄かったのは投球だけではない。ナ・リーグはDHがないため自ら打席に立つことも多く、バットを持たせれば打者顔負け。01年のシーズン7本塁打は投手としてリーグ最多タイ記録だ。99年から03年までシルバースラッガー賞を連続受賞し、通算打率・246、16本塁打、79打点。しかも29試合に代打出場している。

 二刀流を掲げる日本ハム大谷翔平(21)が目指すべきは、このハンプトンではないか。もっか打率3割、3本塁打、10打点。3本塁打はいずれも逆方向で、逆転3ランを打った27日の試合後は、「(打球は)勝手に飛ぶので。内角に来た時も、払える余裕さえあれば引っ張る必要はない」と豪語している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る