打撃好調も投手低迷…ハム大谷が模索すべきは“新二刀流”

公開日:  更新日:

 メジャーにマイク・ハンプトンという左投げ右打ちの投手がいた。1993~2010年にかけて、アストロズ、メッツ、ロッキーズ、ブレーブスといったナ・リーグの球団を主戦場とし、通算148勝115敗。10年に引退し、現在はマリナーズのブルペンコーチを務めている。

 このハンプトンが凄かったのは投球だけではない。ナ・リーグはDHがないため自ら打席に立つことも多く、バットを持たせれば打者顔負け。01年のシーズン7本塁打は投手としてリーグ最多タイ記録だ。99年から03年までシルバースラッガー賞を連続受賞し、通算打率・246、16本塁打、79打点。しかも29試合に代打出場している。

 二刀流を掲げる日本ハムの大谷翔平(21)が目指すべきは、このハンプトンではないか。もっか打率3割、3本塁打、10打点。3本塁打はいずれも逆方向で、逆転3ランを打った27日の試合後は、「(打球は)勝手に飛ぶので。内角に来た時も、払える余裕さえあれば引っ張る必要はない」と豪語している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る