10安打浴び3敗目…ハム大谷を縛る「頑固なプラス思考」

公開日:  更新日:

 大谷翔平(21)はプラス思考が強い。

 プロ入り前は高校から直接、メジャーに挑戦したいと公言。日本ハム入団後も栗山監督が提案した二刀流を抵抗なく受け入れた。周囲から何か言われるんじゃないかとか、うまくいかなかったらどうしようなどという後ろ向きな考え方はまずしない。日刊ゲンダイ本紙インタビューでも「(球速と制球は)表裏一体。正しいフィジカルで、正しい投げ方をすれば、球速も上がるし、コントロールも良くなる」と答えている。

 そうやって常に前向きで、自分の意思はとことん貫く。さる日本ハムOBによれば「とにかく頑固。去年、打撃で苦しんだときも、首脳陣にアドバイスを求めるでもなければ、フォームを変えるでもなかった。自分のスタイルを貫いて、今季の好調につなげた」そうだ。

 プラス思考と頑固さは一流選手に成長する条件ともいえる。例えば巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜も究極のプラス思考だし、信念は決して曲げなかった。首脳陣やOBに言われたことをハイハイとうのみにしているような選手にロクなのはいない。大谷が大物であることは疑う余地もないし、ひと皮むける過程で越えなければならない壁には違いないが、だからといって、チームのエースが結果も出ないまま「頑固なプラス思考」で居続けて良いはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る