10安打浴び3敗目…ハム大谷を縛る「頑固なプラス思考」

公開日:  更新日:

 大谷翔平(21)はプラス思考が強い。

 プロ入り前は高校から直接、メジャーに挑戦したいと公言。日本ハム入団後も栗山監督が提案した二刀流を抵抗なく受け入れた。周囲から何か言われるんじゃないかとか、うまくいかなかったらどうしようなどという後ろ向きな考え方はまずしない。日刊ゲンダイ本紙インタビューでも「(球速と制球は)表裏一体。正しいフィジカルで、正しい投げ方をすれば、球速も上がるし、コントロールも良くなる」と答えている。

 そうやって常に前向きで、自分の意思はとことん貫く。さる日本ハムOBによれば「とにかく頑固。去年、打撃で苦しんだときも、首脳陣にアドバイスを求めるでもなければ、フォームを変えるでもなかった。自分のスタイルを貫いて、今季の好調につなげた」そうだ。

 プラス思考と頑固さは一流選手に成長する条件ともいえる。例えば巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜も究極のプラス思考だし、信念は決して曲げなかった。首脳陣やOBに言われたことをハイハイとうのみにしているような選手にロクなのはいない。大谷が大物であることは疑う余地もないし、ひと皮むける過程で越えなければならない壁には違いないが、だからといって、チームのエースが結果も出ないまま「頑固なプラス思考」で居続けて良いはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る