10安打浴び3敗目…ハム大谷を縛る「頑固なプラス思考」

公開日: 更新日:

 大谷翔平(21)はプラス思考が強い。

 プロ入り前は高校から直接、メジャーに挑戦したいと公言。日本ハム入団後も栗山監督が提案した二刀流を抵抗なく受け入れた。周囲から何か言われるんじゃないかとか、うまくいかなかったらどうしようなどという後ろ向きな考え方はまずしない。日刊ゲンダイ本紙インタビューでも「(球速と制球は)表裏一体。正しいフィジカルで、正しい投げ方をすれば、球速も上がるし、コントロールも良くなる」と答えている。

 そうやって常に前向きで、自分の意思はとことん貫く。さる日本ハムOBによれば「とにかく頑固。去年、打撃で苦しんだときも、首脳陣にアドバイスを求めるでもなければ、フォームを変えるでもなかった。自分のスタイルを貫いて、今季の好調につなげた」そうだ。

 プラス思考と頑固さは一流選手に成長する条件ともいえる。例えば巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜も究極のプラス思考だし、信念は決して曲げなかった。首脳陣やOBに言われたことをハイハイとうのみにしているような選手にロクなのはいない。大谷が大物であることは疑う余地もないし、ひと皮むける過程で越えなければならない壁には違いないが、だからといって、チームのエースが結果も出ないまま「頑固なプラス思考」で居続けて良いはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る