4戦連続7号放つも…HR量産のハム大谷は本業不振いつまで

公開日: 更新日:

 驚異的なペースで本塁打を量産しているのが大谷翔平(21、日本ハム)。この日のオリックス戦の三回、4試合連続となる7号2ランを放った。

 11日現在、大谷は67打席で7本塁打。1本打つのに10打席かかっていない計算になる。この日は2安打して、打率も.322にアップした。

「たまたまです。与えられたところで、しっかり(結果を)出すだけ。いいと思えるような打席を増やしたいし、チームの勝ちにつながれば」とは試合後の本人だ。

 野手としての株は上がる一方だけになおさら、まだ1勝しかしていない投手としての不甲斐なさが際立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る