大乱調で5試合勝てず マー君とヤンキースに早くも“秋風”

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕がまた白星を手にできなかった。

 ヤンキース・田中将大(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板。5回を1本塁打を含む8安打4失点。1点をリードされた場面で降板したが、六回以降に勝ち越したため、勝敗は関係なかった。これで田中は4月17日のマリナーズ戦で今季初勝利を挙げたのを最後にメジャーでは最長となる5戦連続白星なし。

 自身の失投もあってア・リーグ中地区首位と好調のホワイトソックス打線の勢いに押された。ここ数試合、変化球主体の投球が続いていることを相手打線に分析されていたのだろう。キレの無い変化球を見送られるケースが多く、二回には2者連続の四球から1点を失う。同点の三回には先頭のイートンへのスプリットが落ちずに、変化球が真ん中高めに入り、右中間スタンドに逆転のソロ本塁打。四回には再び、2点を追加され、立ち直る気配さえ見せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る