大乱調で5試合勝てず マー君とヤンキースに早くも“秋風”

公開日:  更新日:

 日本人エース右腕がまた白星を手にできなかった。

 ヤンキース・田中将大(27)が15日(日本時間16日)のホワイトソックス戦に登板。5回を1本塁打を含む8安打4失点。1点をリードされた場面で降板したが、六回以降に勝ち越したため、勝敗は関係なかった。これで田中は4月17日のマリナーズ戦で今季初勝利を挙げたのを最後にメジャーでは最長となる5戦連続白星なし。

 自身の失投もあってア・リーグ中地区首位と好調のホワイトソックス打線の勢いに押された。ここ数試合、変化球主体の投球が続いていることを相手打線に分析されていたのだろう。キレの無い変化球を見送られるケースが多く、二回には2者連続の四球から1点を失う。同点の三回には先頭のイートンへのスプリットが落ちずに、変化球が真ん中高めに入り、右中間スタンドに逆転のソロ本塁打。四回には再び、2点を追加され、立ち直る気配さえ見せなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る