マエケン抜けた広島も首位争い 「エース売却」何が効用か

公開日:  更新日:

 去る6日、大リーグ移籍を目指す選手が利用する入札制度(ポスティングシステム)が今オフも現行通り、運用されることが決まった。

 日本のプロ野球選手が同制度を利用してメジャー挑戦する場合、球団は移籍金(現制度では2000万ドル=約21億6000万円が上限)を得る代わりに、当然のことながら大きな代償を払う。過去に入札制度で渡米した選手はエースや主力打者がほとんど。フツーに考えれば受けるダメージは大きいはずなのに、低迷するどころか目につくのはむしろ逆のケースだ。

 昨オフ、入札制度でエース・前田健太(28=現ドジャース)を失った広島は9日現在、首位中日とゲーム差なしの2位。貯金3で首位争いの輪に加わっている。12年の日本ハムは前年オフ、ダルビッシュ(29=現レンジャーズ)を入札制度で放出しながら3年ぶりにリーグ優勝した。06年オフに松坂大輔(35=現ソフトバンク)を失った西武は、2年後の08年シーズンにパを制して日本一になった。エースが抜けた状況をマイナスどころか、プラスに転じた球団がなぜか多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る