マエケン抜けた広島も首位争い 「エース売却」何が効用か

公開日:  更新日:

 去る6日、大リーグ移籍を目指す選手が利用する入札制度(ポスティングシステム)が今オフも現行通り、運用されることが決まった。

 日本のプロ野球選手が同制度を利用してメジャー挑戦する場合、球団は移籍金(現制度では2000万ドル=約21億6000万円が上限)を得る代わりに、当然のことながら大きな代償を払う。過去に入札制度で渡米した選手はエースや主力打者がほとんど。フツーに考えれば受けるダメージは大きいはずなのに、低迷するどころか目につくのはむしろ逆のケースだ。

 昨オフ、入札制度でエース・前田健太(28=現ドジャース)を失った広島は9日現在、首位中日とゲーム差なしの2位。貯金3で首位争いの輪に加わっている。12年の日本ハムは前年オフ、ダルビッシュ(29=現レンジャーズ)を入札制度で放出しながら3年ぶりにリーグ優勝した。06年オフに松坂大輔(35=現ソフトバンク)を失った西武は、2年後の08年シーズンにパを制して日本一になった。エースが抜けた状況をマイナスどころか、プラスに転じた球団がなぜか多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る