マエケン抜けた広島も首位争い 「エース売却」何が効用か

公開日: 更新日:

 去る6日、大リーグ移籍を目指す選手が利用する入札制度(ポスティングシステム)が今オフも現行通り、運用されることが決まった。

 日本のプロ野球選手が同制度を利用してメジャー挑戦する場合、球団は移籍金(現制度では2000万ドル=約21億6000万円が上限)を得る代わりに、当然のことながら大きな代償を払う。過去に入札制度で渡米した選手はエースや主力打者がほとんど。フツーに考えれば受けるダメージは大きいはずなのに、低迷するどころか目につくのはむしろ逆のケースだ。

 昨オフ、入札制度でエース・前田健太(28=現ドジャース)を失った広島は9日現在、首位中日とゲーム差なしの2位。貯金3で首位争いの輪に加わっている。12年の日本ハムは前年オフ、ダルビッシュ(29=現レンジャーズ)を入札制度で放出しながら3年ぶりにリーグ優勝した。06年オフに松坂大輔(35=現ソフトバンク)を失った西武は、2年後の08年シーズンにパを制して日本一になった。エースが抜けた状況をマイナスどころか、プラスに転じた球団がなぜか多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る