続く中4日先発 ヤンキース田中“未体験”の不安をどう払拭

公開日:  更新日:

 ヤンキースのエース右腕に異常事態発生か。

 田中将大(27)が10日(日本時間11日)、昨季のワールドチャンピオンのロイヤルズ戦に先発。7回を3本塁打含む7安打6失点。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りたものの、2番手投手が同点弾を浴びて勝敗は付かなかった。1試合6失点は今季最多、レギュラーシーズンでの3被本塁打は自己ワーストタイだ。

 前回のオリオールズ戦同様、立ち上がりから変化球主体の投球を見せたが、ロイヤルズ打線の一発に沈んだ。同点にしてもらった直後の三回、2番ケインに真ん中に入ったツーシームを捉えられ、右翼席へのソロ本塁打を許す。

 味方打線に三回までに5点の援護をもらいながらも、ピリッとしない。2点リードで迎えた五回には1死二、三塁から再び、ケインに甘く入ったスライダーを今度は左翼スタンドに運ばれる3ランを浴びて、試合をひっくり返された。結局勝敗はつかず、ここ4試合勝ち星なし。試合はヤンキースが10-7で勝利した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る