MAX162キロ連発もKO…ハム大谷に“ミニキャンプ案”浮上

公開日:  更新日:

 また勝てなかった。

 15日の西武戦に臨んだ日本ハムの大谷翔平(21)。五回に自身の持つ球界最速タイの162キロを2度計測、6回3分の0で11三振を奪いながら、7安打5四球5失点。七回に4番中村に3ランを浴び、KOされた。

「四球も多かったし、テンポも良くなかった。先制点を守り切れず、申し訳ない気持ちでいっぱい」

 と、降板後にうなだれた大谷。これで今季8試合に先発し、1勝4敗、防御率3・34となった。24四球はリーグワースト2位タイの数字だ。

 昨季は最多勝(15勝)、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(.750)で投手3冠を達成。今季は更なる飛躍のため、オフに筋量を5キロも増量してシーズンに臨んだ。にもかかわらず、結果が付いてこない。制球は昨季より悪化し、要所で痛打される場面も目立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る