ハーフでライバルに惨敗 福士はリオ五輪に大きな不安残す

公開日:  更新日:

 調整に不安を感じる結果だった。

 リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)は、15日に行われたハーフマラソンの大会に出場。1時間12分4秒で日本人トップの6位も、昨年の世界陸上銅メダルでこの大会を連覇したユニスジェプキルイ・キルワ(31=バーレーン)の時計は1時間8分55秒。3分以上の大差をつけられた。「話にならない。すごい焦っています」と福士は漏らしたが、リオのライバルはメダル候補のキルワだけではない。

 マラソン王国のケニアは去る10日、リオ五輪のマラソン代表男女6人を発表。女子は4月のロンドン・マラソン優勝のジェミマ・スムゴング(31)、昨年の世界陸上銀メダルで、今年の東京マラソンを2時間21分27秒で勝ったヘラー・キプログ(31)、今年のパリ・マラソンを制したビシリン・ジェプケショ(28)が選出された。

 ケニアはトップ選手の薬物違反や汚職問題でリオ五輪参加が危ぶまれていた。それが先月、世界反ドーピング機関(WADA)から求められていた反ドーピング法案が議会を通過したことで五輪への道は開けそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る