ハーフでライバルに惨敗 福士はリオ五輪に大きな不安残す

公開日: 更新日:

 調整に不安を感じる結果だった。

 リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)は、15日に行われたハーフマラソンの大会に出場。1時間12分4秒で日本人トップの6位も、昨年の世界陸上銅メダルでこの大会を連覇したユニスジェプキルイ・キルワ(31=バーレーン)の時計は1時間8分55秒。3分以上の大差をつけられた。「話にならない。すごい焦っています」と福士は漏らしたが、リオのライバルはメダル候補のキルワだけではない。

 マラソン王国のケニアは去る10日、リオ五輪のマラソン代表男女6人を発表。女子は4月のロンドン・マラソン優勝のジェミマ・スムゴング(31)、昨年の世界陸上銀メダルで、今年の東京マラソンを2時間21分27秒で勝ったヘラー・キプログ(31)、今年のパリ・マラソンを制したビシリン・ジェプケショ(28)が選出された。

 ケニアはトップ選手の薬物違反や汚職問題でリオ五輪参加が危ぶまれていた。それが先月、世界反ドーピング機関(WADA)から求められていた反ドーピング法案が議会を通過したことで五輪への道は開けそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る